すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

10/15 タチウオキングバトル予選会 in DAIYUMARU 

毎年の事ですが、10月、11月のタチウオパターンに翻弄され、ナカナカ思ったように当たりの出せない山口です (´;ω;`)。

本日は、2017タチウオキングバトル予選会in 須磨 daiyumaruさん(←リンク有り)にお邪魔して、ボランティアスタッフとして検量などのお手伝いへ行かせて頂きました( ´艸`)。

朝早くから小雨の混じる中、予選参加の方、また一般のお客様などで熱気ムンムン。スタッフの方々もテキパキと動き回り私達も乗船させて頂くと、昨年のファイナリストやセミファイナリストの方々が3名ほどおられ、面白い予選会になるのではと超期待!!

皆様に挨拶をしながら、クーラーボックスの確認等を済ませていますと、「バナ電行きましょか~」とお声が掛かり!!

昨年のセミファイナリストF氏と記念撮影(笑)。この「タチウオマニア」をご覧頂いている皆様には、バナナの認識度は相当お高いようです(笑)

そして・・・・

今日のボランティアスタッフは、既に予選通過組のY氏と私の2人でございます。船長シートは・・あの・・レカロのバケットシートです・・羨ましいです。daiyumaruさんには、初めて乗船させて頂きましたが、船は綺麗で、船長室も整然と色々な機器が並んでおり凄いです!!

本当に船長室が超カッコよくて、素晴らしいです。前から釣果情報を見せて頂くと、いつも写ってるこの船長の手に持つオブジェ!!私は前から気になって仕方なかったので、是非にとお願いして・・・・

やったよ~・・・でも予想外に軽かったです(笑)

遊び心満点の船長さんと、スタッフの方々につい色々と普段では聞けない質問を・・。なんとこちらの船宿さんは、お客様データ等をタブレット端末などで顧客管理をされているようで、入力するといつ?その方が来られたか等、分かるようになっていたり、予約状況のオートメーション化など。本当に凄い、驚きました。釣船屋さんも今や、データ管理の時代ですね。またこちらのdaiyumaruさんはHPにも相当ご尽力されています。データー管理も去ることながら、船内設備にも超こだわりを・・・・朝から驚き連発でした。

そして、出船です。普段なら第一投目のイメージトレーニングの私ですが、本日は皆様がどんなタックルをご使用なのか?興味津々でキョロキョロしっぱなしですww。

本日は、乗船26名中で予選エントリーは15名。

須磨港から神戸沖までは本当に直ぐに着くので、便利ですね!

神戸沖の最深部の脇、水深81mで予選開始の合図です!! さーーーて 皆さん頑張ってくださいませ!!

私の予想は朝一から、バクハツ!!するのでは??と思っていましたが・・・なんと、そのような様子は全く有りません。アタリは少なく、一度目のアタリは来るようですが追いはなく、一度突き上げて終了~といった様子。本当に予想外です。昨日は終始アタリが多かったとお聞きしたのですが・・。

見ていますと、ワンピッチジャークで誘う方、ストップ&ゴーで誘う方、微速巻きで誘う方等色々です。普段は真剣に他の方の釣りを見る事は有りませんので新鮮な気持ちです。

右舷の後方で、ポツポツ釣れ始めました。産卵回復組のタチウオ様はまたお出ましにならず、上がるサイズは控えめサイズ(笑)でも大切な一尾ですので皆さん慎重に取り込んでおられます。

アタリも薄く、追いも悪い為に餌もそのまま残っている様子です。どうやら、今日は難しい一日かも?一波乱、二波乱アリか??と思わせるような雰囲気も出てきました。掛けても、上げてくる最中にバラシも多いようです。

7:30 底付近にアタリが出始めると、小さな時合が到来。あちらこちらで電動リールの快音が響きます。

ただ、やはりサイズが小さく掛けにくい様子で、みなさんフッキングが難しい様子で、時折ついて来る追いの良い個体を釣り上げれるかの差が出始めます。8:30水深60m付近、底から10mでアタリ出すと、掛ける釣りを展開するお二人と、ミヨシで柔らかい竿を使いスローな釣りを展開されている方がどうやら抜け出した様子です。

9:00 エントリーをされている方々に途中の釣果をお聞きすると、トップで11尾・・・。残すは3時間30分。全員にまだまだ十分チャンスありです。

船中では、なんと一つの針に2尾掛かるという離れ業をされた方も・・・驚。

しかし、この中間釣果を聞きに行かせて頂いた後ぐらいから、状況に変化が出始めます。今までは大きく誘ってもアタリは出て、掛けるのが難しいような状況でしたが、今度は変化に富んだ誘いをすると全く当たらないような状況に・・・・・。

船中では、微速巻きを多用する方や超スローに攻める方の竿が良く曲がっています。

風も強くなり、釣りもしにくく誘いもスローパターン。もし、私が参加してたら・・・と考えると怖くなりました。まぁ間違いなく、撃沈でしたねww。

途中、ミヨシのお客様がなんと・・・・・(餌を良くご確認くださいww)

なんと・・・バナナの皮でタチウオ様を釣り上げました(笑)(笑)。スバラシイです(笑)(笑)私も実はバナナで釣るのは得意ですが、この状況でバナナで釣ってしまうとは・・・・尊敬します!!

10:30辺りから、突然追いが激しくなり今迄にない時合が到来。しかし長く続かず・・・・。非情な大雨も降り出し・・・・

12時30分のストップフィッシング。

daiyumaruのスタッフさんが全員の釣果を聞きに回って頂き、エントリー者の上位3名を検量させて頂きました。

1位 22尾 、2位 20尾 、3位 19尾でした。

この渋い状況の中、22尾のター様を釣り上げ予選通過です。本当におめでとうございます。

今日の必勝パターンをお聞きしましたよ!!

Y氏:前半はハーフピッチやワンピッチジャークで誘ったり、ハンドル数回転の速巻きのストップ&ゴー。

私とボランティアスタッフY氏:ふん、ふん・・。

Y氏:静と動の差をはっきりつけて・・・・。

私とボランティアスタッフY氏: ふんふん・・・。

Y氏: そして当たれば、直ぐにハンドル半回転・・・・

私とボランティアスタッフY氏: ええ???直ぐにハンドル半回転??どこかで聞いた??笑

Y氏、私とボランティアスタッフY氏:まさかの「深追い掛け釣法」???

Y氏:新聞やDVDで見て、試してみたんです!!

DVDは現在、絶賛発売中です。「テンヤタチウオ爆釣LIVE」・・・・(リンク有り)

 

どうやら・・・ハヤブサ菊池氏の提唱する「深追い掛け釣法」ジワジワ浸透しているようですよーーーーー菊池さん。

Y氏:後半はどうやらパターンが変わったようでしたので・・微速巻きをメインに時々、シェイクやワンピッチの誘いを入れて・・・

私とボランティアスタッフY氏: なるほど~、後半は本当に難しかったですよねーー。

 

3人で談笑させて頂き、セミファイナルの案内状をお渡し後に終了の運びとなりました。11月のセミファイナルでのY氏のご活躍をお祈りしています。

この2017タチウオキングバトル予選会も残すところ約2週間と少しです。予選会がまだ16回ございます。普段の釣りの雰囲気とは少し違った、緊張感のある釣りも良いかと思います。本気で決勝を狙うも良し、また雰囲気を味わってみようかと楽しむのも良いかと思います。ご興味のある方は是非お気軽に参加してみてはいかがでしょうか?

 

山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度ファイナリスト。

関連する記事