すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

ダイワの名竿『NEWリーディング』がイイ!

先日の取材で、フィッシングショーでお目見えするいくつかのダイワ新アイテムを見せていただいたのですが、とにかくこれはイイ~と思ったのが、やっぱりこれ、ダイワの歴史的名竿『リーディング』の完全リニューアル2018バージョン!!

ダイワさんには、とにかく天才的な技術力を持つエンジニアの方々がおられて、注目していた新製品が出ると、えええ??こんなに??と驚かされることもしょっちゅうなのですが、リーディングに関しては、もともとかなり完成度の高いロッド。

知らない方のために説明しますと、船のライトゲームロッドに幅広く使える、いわゆる『万能竿』で、ダイワの船ロッドの代名詞のひとつ。たとえばタチウオもやってみたいけど、ほかにもいろいろと使いたいし…という人には、いきなり何か1つのターゲットに完全に焦点を当てた『専用竿』よりも選びやすいですよね。

話を元に戻すと、そんな名竿リーディング、さらなるブラッシュを追求した結果、大きな変更点は2つ。

まずはリールシート部。持った瞬間に「おおお!」と思わず声を上げてしまったほど、細い、薄い。軽い! 「エアセンサースリムシート」という名前らしいのですが、この形状。。

細っ!!!

薄っっ。。

写真で見るより、実物見るともっと「おおお!」って思うと思います。フィッシングショーで見れると思いますので、手に取ってみてください。

それから、もうひとつの大きな変更点が、ガイド。穂先部に超軽量&超高感度のカーボンガイド『AGS(エアガイドシステム)』を従来モデルよりもさらに多く使用することで、穂先部の軽量化、高感度化を大きくブラッシュアップ! 穂先部を軽量化することで、ロッドバランスがさらに大きく向上しました。

82、73、64調子で長さ、オモリ負荷等で細かく自分のニーズに合った調子が選べる、なんと15種類のラインナップです。

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

釣りライター。釣り専門誌『週刊釣場速報』副編集長兼大阪湾、瀬戸内、和歌山、鳥取、九州担当記者。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長

関連する記事