すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

電動ルアーゲーム!!!〈ダイワカタログ編集後記〉

タチウオテンヤとは直接関係ないネタですが、このたび、ダイワの『電動ルアーゲーム』カタログを作らせていただきました!

シーボーグ200Jがはじめて出た数年前、これは…!!!と思い、こそこそと、ファイヤーラインの1.2号を500mほど巻いてウキウキしていました。もちろん、テンヤタチウオ用としてもバツグンの代物ですが、150サイズから200サイズに変わったこのラインキャパ、一番に思ったことは実は「アカムツが釣れる~~」だったのです。誰に頼まれるでもなく、そのシーボーグ200Jにジグを結んで中深海の取材に何度か行きました。

そんなわけでか、縁あって昨年春に「電動リールを使ったジギング、タイラバなどのソルトルアーの魅力を多くの人に伝えるために、カタログを作ってください」と、願ってもない最高にうれししすぎる特命。

で、昨年の秋~年末にかけて行ったロケは、動画撮影と合わせての撮影でしたが、実は撮影スタッフは、自分1人(汗)。ロケ期間中は荒れ続きで様々なトラブルも続き、難航に次ぐ難航。結局、ロケは年末ぎりぎりまで続き、編集期間は…なんと約1週間!苦笑

ですが、ロケは愉快な仲間たちとの『大人の遠足』的なノリで、笑いあり、そして涙あり…

最後のロケ前日、願掛け中のミキティ。

大雨と激風の中でのロケ、朝から晩までぶっ飛び潮でアタリすらない日、起きたら高熱でフラフラしながらの初鹿児島ロケ、福岡に到着したら爆風のため出船中止となり、急遽ハイエースのレンタカーで宮崎入りした背水の陣のロケ最終日。。

そんなこんなで、なんとか完成しました。

ロケスタッフのみなさん、本当にお疲れ様でした。最終日は朝から弁当食べるのも忘れて撮影に没頭してて、夕方、あれ?そういえば!と鹿児島駅の構内で駅弁とビール。

あの味、忘れられません(笑)

電動ルアーゲームは、誰にでも簡単に魅力的なターゲットが釣れるゲームフィッシング。カタログの内容としては、電動リールの基本的な使い方やメンテナンスの仕方から、誘いや釣り方などを丁寧に解説しています。

電動タイラバ、電動タチウオジギング、電動中深海ジギングに関連するNEWアイテムたちも勢揃い。

フィッシングショーのダイワブースで手にとっていただければ幸いです!

 

各地の美味しいものもたくさん食べましたよ。

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

釣りライター。釣り専門誌『週刊釣場速報』副編集長兼大阪湾、瀬戸内、和歌山、鳥取、九州担当記者。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長

関連する記事