すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

誘いやアタリによるタックルの選択肢。【大阪湾テンヤタチウオ 第50戦 今シーズンファイナル】

とうとうと言うか・・・やっとと言うか・・・今シーズンの最終戦を迎え、今回の釣行は本気モード85パーセントで臨んだ山口です。

昨年7月頃から開始した今シーズンのタチウオは、年を越した辺りから不調が続き、昨シーズンと比べて早めにタチウオ釣りを終了する船宿さんも多い。私はこの釣りに魅せられて、どこまでも追いかけたいと思っています。・・が流石にアタリも弱々しく、またサイズが極小。そして、今回で最終戦を迎えました。

今シーズンの最終戦【3/27】は、泉佐野漁港のブルーマックスさんに伺いました。

本日は15名での出船です。5:30出船。一路、洲本沖へ。黄砂なのか、花粉なのか、pm2.5なのか分かりませんが、本当にこの時期は視界が悪いです。目がショボショボして本当に体調も悪いですが、やっぱりこの釣りがしたくてしたくてww。

そして、今回はいつも一緒に釣りに行くタテポンが4月から横浜に転勤になるので、大阪湾から彼を送ろうと思いまして送別釣り会ですww。彼とは約2年前に知り合いました。自宅が近所という事も有り、毎回のようにご一緒させて頂いています。冷たい人間と思われるかも知れませんが、彼はこれからも度々帰ってきますので正直な所、私はそんなに寂しいと感じる事も有りませんww。

今回は彼に花を持たせるといった気の利いた事もする気もなく、本気モード全開で臨むと決めていました (笑)(笑)。私からの「サヨナラの贈り物」として私のhitシーンの連発で彼の脳裏に焼き付けていただこうかと思っていますww。

そして、朝もやの中で洲本沖の水深84mで釣り開始。

【ダイワ】快適船タチウオテンヤSS 40号『紫ゼブラ』『マイワシ』
【ハヤブサ】船タチウオテンヤ ベーシックシングル夜光 『オールケイムラ』
極テンヤ

朝一番はいつものように、上の棚を探す。しかし、潮流が2.5ノットも越えているようです。私は『必ず当たる』と信じてゆっくりと時間を掛けながら丁寧に誘いを掛ける。状況は決して良くはない事に直ぐに気付く。

しかし、今回は色々と試したい事がいっぱいです。まずはタックルの選択。来期に向けてのタックルチョイスは欠かしませんよッ。私の釣り理論・・・それは・・・『釣りは道具でするもんや』ですww。

タックル1
ロッド:【ダイワ】リーディング82H-185MT
リール:【ダイワ】シーボーグ200J
タックル2
ロッド:【ダイワ】極鋭タチウオテンヤSP 197AGS

この2種類のタックルを使用。愛用のシーボーグちゃんもメンテから退院して絶好調ですww。朝方は潮が速かったので、迷わずリーディングを選択。潮の速い時のよくあるアタリ『イキナリのドンッ』を弾きにくくする為です。このリーディングは82調子ですが、極鋭と比べると少し粘り系の竿です。あくまで私の個人的感覚ですが、一瞬のうちに魚の重みや仕掛けの重みがブランクに掛かると言うよりも、若干の『グニャ』と言う感覚と共に重みがロッドの全体に乗る感覚。ですので、やはりバラシにくく、小さな個体のタチウオ様を相手にするには良いかも知れません。

しかし朝方はその前にアタリも有りませんww。

山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度ファイナリスト。

関連する記事