すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

今シーズンを振り返って想う事・・・・ 【大阪湾テンヤタチウオ 総集編】

約50回のメモリアルな釣行と共に今シーズンの最終戦を迎え、何故か・・・ホッとした山口です。

さて、2017年6月から始まった今シーズン。50回の釣行を重ね、釣り上げたタチウオ様は711尾。よく遊ばせて頂きました。本当にそんな大阪湾イチの人気者のタチウオのター様には感謝しています。

 

2017.07.02の釣行を皮切りに足繁く通いました。今シーズンの特徴は何と言っても例年とは違い、シーズン初期から底付近で当たる。例年ならシーズン初期は底から随分上でアタリが多いハズなのに、様子が随分違いました。行くたびに「おかしぃな~」といつも思っていました。

そして、7月の中旬からは釣果も伸び出し・・・。若干の早めの活性の高さ。例年なら8月の最初の小潮まわりぐらいからが本格始動なのですが、釣り人の熱気を感じたのか?タチウオ様もやる気があるようでした。

大阪湾で釣れるタチウオの来阪ルートは2つ。一つは播磨灘側から来るルート。そしてもう一つは紀伊水道を通って来るルート。例年播磨灘側から来るルートが早く到着する為に神戸沖が最初に釣れ出す事が多いのです。しかし近年はどちらとも言えないような現象が起きる事も多い。

大きく分けて、大阪湾のテンヤタチウオのポイントは、神戸方面と洲本方面。

神戸沖は明石大橋をバックに釣りが出来るので最高。実は私、神戸方面が大好きです。

今年は色んな意味で熱い夏を迎えました。なんと・・・ダイワさんやシマノさんなどの大手総合釣り具メーカーまでもがテンヤを発売。またハヤブサさんなどは新色や限定カラーなども発売、ニューコンセプトを展開するヤマシタさんetc・・、2017年テンヤタチウオ夏の陣が始まりました。ユーザー側にとっては目移りの多い年だったのではないでしょうか?

私も色々な物と発売と同時に購入。「あーでもない、こーでもない」と試行錯誤しながら8月、テンヤタチウオも本番を迎えました。

山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度ファイナリスト。

関連する記事