すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

東京湾テンヤタチウオと極鋭タチウオテンヤSP EX

皆様、お久しぶりです。タチウオマニア編集長・可児です。

2018年、大阪湾のタチウオシーズンも間もなく開幕を迎えそうな、迎えなさそうな。各メーカーからはタチウオマニアにはたまらない魅力的なアイテムたちが、ぼちぼち情報公開され始めて、既に個人的にはシーズンインしちゃってる気分な、今日この頃。

実は先週、たまたまお仕事をいただいて、初の『東京湾タチウオ』を動画ロケしました。ご存知の方も多いでしょうが、東京湾のタチウオ釣りは天秤仕かけでの釣りが主。なので、大阪湾のテンヤのタチウオ釣りを東京湾でも少し広められないか、などと数年前から夢想しつつも、テストに行っている関係者の方々を恨めしく思いながら眺めていたものです。

今回は新幹線で東京へ。まさかのサンダルで出張。

ただでさえ機材が多いので…道中も、船の上もサンダル、というのがベストの選択ということになりました。

実は、前日の晩は鳥取でのイカ取材でした。取材を終えて上がってくると深夜0時。そこから鳥取市内の、いつもの居酒屋『うまいもんや』へ船長と直行。釣ったばかりのイカを持ち込んで…

この贅沢っぷり。どうだ、うらやましいか!(笑) やっぱりイカは釣りたてが一番! 釣れたての、まだ生きたままのイカを食す! やばい。これは、自分のイカ人生の中でも最高の味、そして食感。やばい。やば過ぎる

さっき釣ったイカを、プロの腕による絶妙な加減で、天ぷら。食べたことのない味。。贅沢過ぎる。

ちなみに、イカ釣りで毎年お世話になっている久幸丸(鳥取市・賀露港)にお願いすれば、釣り後に、ここでイカが食べられますよ(料金別途/※予約、問い合わせは久幸丸まで)

話がそれましたが、そんなわけで、朝まで飲んで車で仮眠後、大阪へと向かい、そこから新幹線で東京。今回は結構ハードでしたので…

『二葉』(荻窪)の『背脂煮干しラーメン』でエネチャージ! ちなみに、前回の関東ロケから、定宿は荻窪となりました。なぜなら、ラーメンが美味しいから。なお、二葉では、人気No.1というこのラーメンより、普通のラーメンのほうが好みでした。

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

釣りライター。釣り専門誌『週刊釣場速報』副編集長兼大阪湾、瀬戸内、和歌山、鳥取、九州担当記者。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長

関連する記事