すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

大阪湾タチウオキングバトル2018

2018年8月

私事ですが、7月末付けにて前職を退職し、8月から独立いたしました。前職での貴重な経験を基に、今後もこの業界でさらに自分らしく、少しでも多くの笑顔と出会える機会を増やせたら、などと微力ながら頑張っていこうと思います。皆様、今後もこのタチウオマニアともども、よろしくお願いいたします。

タチウオキングバトルはどうなっちゃうの??

とたくさんの皆様からお声をかけていただきますが、自分は実行委員長という立場はいったんお休みさせていただいて、実行委員、裏方の1人として、愛すべきこの大会を今後もかわらず支えていこうと思っています。今年も参加者、関係者の皆さんとお会いするのが楽しみでなりません。

さて、昨年は8月1日に予選の日程が発表となり、予約開始となったのですが、今年は少し発表が遅れていて、申し訳ありません。細かい社内的な調整等について今年からは事務局(釣場速報編集部)にお任せしているので、少しタイムラグがありますが、予選の日程については間もなく発表となりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

よりたくさんのタチウオマニアの皆さんが楽しめるよう、2018年度の予選日程、詳細についてはこちらでも随時お知らせしたいと思いますので、楽しみにお待ちください。

 

~大会趣旨~

大阪湾タチウオKINGバトルは、ともすれば釣り人口の減少も危ぶまれる昨今、釣り船、メーカー、ショップ、メディアがひとつになり、大阪湾での船のタチウオ釣り、そして関西の船釣り全般の大いなる飛躍、発展を目指し、釣りの技術、釣り船のサービス向上も視野に入れた上で2013年に立ち上げた関西最大の船釣りイベントです。
レジャーとしての船釣り、タチウオ釣りの楽しさをより多くの人へと伝え、分かち合い、輪を広げてゆくことが大会にとって何よりも重要な意義と考えます。本大会を通じ、多くの人に笑顔や安らぎ、絆を育む一助となれば幸いです。

大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長 可児宗元

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

釣りライター。釣り専門誌『週刊釣場速報』副編集長兼大阪湾、瀬戸内、和歌山、鳥取、九州担当記者。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長

関連する記事