すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

ついに登場!!! ハヤブサ・タングステンテンヤ『タチウオテンヤTG』〜フッ素コーティングフック搭載〜

皆様、お世話になります。ハヤブサ菊池です。

良ければ最後まで、閲覧して頂ければ幸いです。この度、船タチウオテンヤのタングステンモデルが発売になりご案内させて頂きます。

こちらです↓↓↓

 

以前にご紹介の2つのテンヤの中でもご案内させて頂きましたが

①パワーフックシステム ※業界初

フッキング時の鈎のたわみを軽減し鈎先にパワーがより伝わります。

②ヘッドロックシステム ※業界初

③V字ロック ※業界初

この2アイテムを使えばエサ巻きが簡単、エサズレも格段にしずらくなります。

=ワイヤーの巻き回数が軽減され手返しアップにも繋がりますよ。

④マイクロバーブ採用 ※業界初

フッキングした後の貫通した穴が小さくて済み、バラシが減ります。

※釣り方にも左右されますが。

当たり前とされたバーブに疑問を持ち、繰り返し試してきました。

⑤そして高比重タングステンを採用 ※業界初

※純度も非常に高いタングステンを使用した本物です。

以上の内容が業界初の採用ポイントになります。

発売は9月を予定しております。

※あくまで予定ですが中頃に販売店様に並ぶ予定です。

40号のみ 3カラー

その他には…

〇へッドは球体型

ダートする形状ではなく、あくまで極小シルエット、落下スピードにこだわったヘッド形状です。

〇フックもスモールシルエットを採用。

※あくまでタチウオの頬に掛けるスタイルのテンヤです。

〇ワイヤー固定用のアイも標準装備

 

水深80m 潮流1ノット。ナマリモデルよりも10~12秒早く落ちます。

※潮の状況、ラインの太さにもよりますが。

1日の投入回数が30回あったとすれば1回が10秒でも300秒のタイムが稼げます。短いようですが、これってジアイのタイミングであれば2匹ぐらいは多く釣れるかもしれませんよね。

物は考えようですが欲しい方には欲しいと思います。

 

また、スモールシルエットを採用する事によって大型のタチウオのバイト率があがるように感じています。

こちらのタチウオも、TGに変えて1投目でした。

※プロトモデル使用

答えはわかりませんが、私の理論では人間と同じで、大型になればなるほど自然界で長く生きていますから、警戒心が強くなるはずです。そうなれば、より自然に近い状態に近づけるのが理想です。

また、どうしても食べたいと思った時の追い方は半端ないはずです。そのスイッチを入れるひとつにスピードが強い味方になる時も多いはずです。

ボトム付近でのスローな誘いをしてのドラゴン狙い、中層に浮いたやる気満々のドラゴンには早いスピードで魅了するのもいいかも知れませんね。

いずれにしましても多くのアングラーの皆様に是非ご使用して頂ければ非常にありがたいです。

長くなりましたが今後も宜しくお願い致します。

私自身、今期も船タチウオテンヤにしっかり向き合いたいと思います。

あぁ~ドラゴン釣りた~い(願)。

菊池雄一

菊池雄一 投稿者の記事一覧

関西~中国エリアの船釣りに精通する、ハヤブサ船釣り仕かけ開発担当&熱血アングラー。ハヤブサのタチウオテンヤ開発も手掛け、大阪湾タチウオKINGバトル2014、2015、2016ファイナリスト、2016年度準優勝。特技はご存知「どや顔」&「ヒザ」

関連する記事