すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

タチウオの型は選別できるのか?挑戦だっ!!の巻

天気予報で北風が吹くと予報が出てましたが、まさかの神戸沖!

そうなんです。洲本は北系の風にめっぽう弱く、神戸沖は六甲山が風を遮ってくれるんですよね。てなことで第一ポイントに着いたのが7時30分

今日の課題は、「型を選別できるのか?」

1匹釣るごとに、誘いや棚を変えてみます。

水深65m いざスタート!

探見丸を見ると、55m付近にポツポツと魚群が。まずは魚群から5m上の50mに発進!

「康雄 行きます!」(ア○ロではありません)(笑)

やや早めの2ピッチ ショートジャーク3回

ストップ。

ガッガッガッ バッシ!

はい。指2本半いっちょあがり。印に胸ヒレをハサミでチョキン

次は型狙いだっ!

同じ棚へテンヤを送りこみ、やや遅め(フォースマスター600速度5程)2回転 ジャーク封印。
ストップ。もう1回2回転ストップ。

綺麗に食い上げた!

ロッドにテンションが掛かるまで巻き上げ、バシューン!

ロッドが綺麗に円を描き手元にもズシリと重量感が。

これこれ、タチウオテンヤの醍醐味はこの瞬間です! たまりませ~ん(笑)

上がってきたのは指4本強の良型。

アレこれ、もしや、これでいけるかも。次行ってみよう!

辻康雄

辻康雄 投稿者の記事一覧

幼少期からの長い釣り経験からオールラウンドな釣りを展開する超実力派マルチアングラー。第1回の大阪湾タチウオキングバトル準優勝以来、ただ1人、5年連続ファイナル出場を果たし、2017年度ファイナルにて悲願の優勝を果たした5代目タチウオキング。シマノフィールドテスター

関連する記事