すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

タチウオの型は選別できるのか?挑戦だっ!!の巻

9時頃からポイントを大きく岸よりに近づけ水深48m。

当たり棚は37m前後。

探見丸とフォースマスター600とを連動させると、魚群にテンヤを直撃できます。

下の48.6mが水深。上の37.5mテンヤのライン。便利でしょ。

誘いを替え、スピードを替え、ジャークを封印し、色々試してみますが、上がってくるのは指2~3本のみ! 周りを見ても同じ型しか釣れていない。

それでは、エサを大きくしてみよう! サンマをこんな風にカットしました!

うん。まるで今にも泳ぎだしそう。

これなら、チビタチよりもドラゴンが食ってくるでしょ(居たら)

とうりゃ~! 掛け声勇ましく釣り方は微速巻き(フォースマスター600速度3)。底から15m巻き巻き。反応なし。

ハイ。ここでスピードクラッチを切ります。底まで落として再度クラッチを入れると、マカ不思議。同じ速度3で巻き始めるじゃあ~りませんか。


そう。

このフォースマスター600は、タッチドライブを触らずともハンドルを巻かなくても、再度クラッチが入ると前回の速度で巻き上げるんです! これ、微速巻きでは超便利。

今までなら落とす度に速度調整をする必要があったのが、しなくて良いんですよね~。

少々お疲れモードでウトウトしながらも、片手1本クラッチ1つで操作も楽々。

おまけに、ロッドはサーベルマスター Xチューン テンヤを使えば、フルカーボンモノコックグリップから、ビンビン当たりが手に脇に伝わってきますから、ぜひお試しくださいませ~。(決して宣伝ではありません。笑笑)

てなことを試してみますが、釣れてくるのはおチビちゃんばかり。今日は、このぐらいにしといたろうと。納竿となりました。

釣果は34匹。うち良型は1匹のみ。
(良型はお留守のようでした。)

写真の左側が良型狙い。微妙に大きいと感じてくだっさい。はい。

そう見ればそのように見えるかも。

ということで、このシリーズは次回につづく。(たぶん)

ロッド :シマノ サーベルマスター Xチューン テンヤ82 MH180
リール :シマノ フォースマスター600
テンヤ :シマノ サーベルマスター 船テンヤ40号
ウエアー:シマノ ストレッチ 3レイヤーフーディ ジャケット JA-040Q
(今の季節に最適!朝の雨もバッチシ弾いてました)

辻康雄

辻康雄 投稿者の記事一覧

幼少期からの長い釣り経験からオールラウンドな釣りを展開する超実力派マルチアングラー。第1回の大阪湾タチウオキングバトル準優勝以来、ただ1人、5年連続ファイナル出場を果たし、2017年度ファイナルにて悲願の優勝を果たした5代目タチウオキング。シマノフィールドテスター

関連する記事