すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

タチウオ三昧な一日【大阪湾テンヤタチウオ第22、23戦】

三邦丸さんは洲本沖まで本当に近いので、タックルを準備している間にポイント到着。はやっ。

今日は潮周りは良いですし、聞く限りでは釣果も上々。その上、最近洲本沖は型も抜群、数も抜群と良い事づくめ。

6時過ぎにポイント到着。そして辺りはまだ薄暗い!!朝の時合にはドンピシャです。

朝一番は、棚を探る意味で速めの誘いでサーチ開始。そして直ぐにタチウオ様からの反応が・・・・。底から30m程の50m付近で「ガツン」とまず一回。そして、もう一度誘うともう一度「ガツン」と・・・。

すぐさまフッキングするも掛かりません。最近のパターンが今日も炸裂かと思いましたが、追いは上々で直ぐにもう一度アタリが有りGET!!

まぁまぁサイズです。最近は神戸沖ばかりでこのサイズにお会いするのは久々です(笑)

朝からニヤニヤが止まりません。そして、アタリは小さいものの次々GET!!フッキングする度にそれなりの重量感が伝わります。完全にここでTKBの練習モードは吹っ飛びました(笑)。面白すぎて、とりあえずフッキングする直前に「次は大きいか?」と思いながらのフッキングです。

見る限り濁りも有りますが、明らかに神戸より澄んでいるような気がします。後で気付きましたが、時間を追うごとに更に水色は良くなり、一日使って帰ってもロッドのガイドの汚れは大した事もなく驚きました。

私の最近の流行は2本のロッドを使い分ける。朝一の活性の高さからロッドはこちらを・・・

ダイワ: 極鋭タチウオテンヤSP 197AGS

思いっきり誘って、ストレス発散とばかりにフッキングです。超面白い!!そして次々にタチウオが船内へ・・・。

何度も何度も横のO氏と「面白すぎる~」と連呼しながらの釣り。

明らかに私の中では今シーズンイチの重量感…。やり取りにも気を遣うサイズが時折掛かります。

ダイワ:快適船タチウオテンヤ SS 40号。 ノーマルタイプと早掛けSP
山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度ファイナリスト。

関連する記事