すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

スーパードラゴン捕獲!!! テンヤタチウオ講習会in三邦丸/リベンジ釣行in第二小島丸【大阪湾テンヤタチウオ第37&38戦】

2日目

本当にキビしいのは百も承知。それでも行くんです釣りへ。底にはタチウオ様が待っているから?笑笑。今日もタテポンと二人で朝から珍道中。車中にて・・・・

私:「今日どれぐらい釣れるやろか??」

タテポン:「ツ抜け(10尾)は行くでしょう!!」

私:「そらそうや、それぐらい釣れないと引退やな!」

と、2連続でボーズを食らった事などどこ吹く風状態ですww。しかし、ここから奈落の底に落とされる事になろうとは全く考えていませんでしたww。

第二小島丸さんで14名の満船で出撃です。この第二小島丸さんは、人数制限も厳しく掛けているので、間隔は広々で快適なんです。その上、普段は大船長の他に若船長も同乗してサポートをして頂けたり、また若船長も釣りをしてアタリ棚を教えてくれたりと超快適です。

6時出船 (19中潮)

小島漁港を出ると、結構な波が有る。「えっ、大丈夫なのか?」と潮をかぶりながら洲本沖へ向かう。まだ辺りは暗い中で釣り開始。暗い時間帯はタチウオ様が底付近には固まらず、中層に浮いている時も多い。最初は広く探りを入れながら・・でもここ数日の活性を考えるとステイは長め。

・・・しかし全くアタリナシ。20分経っても30分経っても・・・・。明るくなるが、ター様の反応はご機嫌斜め。またまたツンデレター様の本領発揮なのか??と不安がよぎる。

ミヨシの釣人が船中1尾目をGETしたようです。棚は底から結構浮いている様子。もちろん私も予想はしていたので、その浮いた棚も狙い撃っているがアタリなし。干潮へ向かう南流が走っているが、私的にはこの潮狙いで朝から本気。でも全く相手にして頂けず困り果てる。

そういってると、横のタテポンHIT。そして、私の反対側のお客様もGET・・・ポツポツと釣り上げる。あれよあれよと言ってる間に、魚を持っていないのは、片舷7名で私ともうお一方だけに・・・・。正直なところ、冷や汗全開です。

「やばい、今日また1/2と昨日の悪夢が・・・・」と若船長にアタリ棚を聞きまわったり、周りの釣人の誘いをガン見(笑)(笑)。もう、いっぱいいっぱいです。そうしてると、若船長がタテポンの所に・・・・・「あと、1,2尾釣り上げて、山口さんの息の根を止めたれ!!」とゴソゴソ助言している様子ww。聞こえているが、聞こえて無いふりで釣りに集中ww。でもメンタルの弱い私は・・・もう限界ww。

そして・・・水深73m。底から誘いながら1.5mを3回に分けてのワンピッチ。そして65mに達してロングステイを入れると・・・・「ふぁ〜」と軽く食い上げ!!そして微速巻きを入れると・・・なんとまだ軽い・・・完全にまだ持っています。迷わずフッキンング!!

「ドスンっ」と反動が・・・・良型確定!!今年一尾目・・・・バラサないように・・・慎重に・・・。後ろから若船長「まだ分からん、船に入れて初めて釣れたと言える」とか言いながら笑ってます(;^ω^)今年の1尾目・・・ハラハラドキドキでしたが、何とかGET!!タテポンも若船長も超祝福してくれました。

なんと112センチ有りました。イキナリのメータ越え。それも太いです。嬉しさより、ホッとしたと言うのがその時の適した表現でした。本当に厳しかったので、「このまま、またやってしまうのでは?」と内心思っていました。気楽になり、魚を時間を掛け綺麗に血抜きしてサイズも計測した後に、落ち着いてキャスト。

そして、ドラマが・・・。またまた65mで食い上げのアタリ。そしてもう一度誘ったのちにステイ。するともう一度食い上げ・・・。もちろんフッキング。ま・さ・かの2連続で竿に反動が・・・。またまた良型確定。

その上、凄く頭を振るので、「サワラか??」と思いながら巻いてくると今度は横に走り出す。よこのタテポンに仕掛けを上げてもらい、やり取りをしながら水面へ・・・。なんとあがって来ると「デッカイタチウオ~」とつい雄叫びを上げました。若船長も直ぐに飛んできてくれサポートもしてくれました。

1尾目を釣り上げ、気持ちが楽になるとこんなもんです。約3分でもう一尾。それも直ぐに計測すると、133センチです。スーパードラゴン。自己記録更新でございます。

何度も極鋭ちゃんが水中に刺さりました。凄い引きでした。完全にサワラだと思ったので・・・・。

3度目の正直で逆転ホームラン打ちました~。超気持ち良かったです。年初から2度のボーズ、今回も全然釣れなくて本当に焦り満点だっただけに嬉しさ倍増・・・・。海の神さん おおきに~~~(笑)

もちろん、35リットルのクーラーボックスにもグニャ~と曲げないと収まりません(笑)ちなみに帰宅後にお腹を確認しましたが空っぽでした。このサイズなら必ず他のタチウオが出てくるのですが。もう一尾の112センチのタチウオからは他のタチウオが出てきました。

ちなみに133センチのドラゴンター様をGETしましたが、今シーズン38回で634尾目にてドラゴンをついに・・・・捕獲です。昨年は2/25、ドラゴン捕獲。39回目の釣行にて673尾目での捕獲でした。若干、早めのドラゴンター様をGET出来ましたね(笑)

そして、この後も気合いを入れるも、満ちの潮も走り出して速くなりだすと濁りもまたまた入りだす。若船長も「魚探にも濁りが映りだしたわ〜、多分もう今日は厳しいよ」と言った後は、本当に全く当たらずでした。やっぱり毎日出てる本職さんの言葉は重いです。濁りは魚探の上層の方にノイズのように映っていました。下にはベイト反応と思われる反応も有りましたが、全く反応せず。

その後、潮も速くなり地の島沖(通称:アカマツ)に移動するも・・アタリもなく終了です。いや〜本当に今回はこの2尾のタチウオ様で命拾いしました。その上、その一尾が自己新の133センチ。前々回のボーズ、前回のボーズ、今回を足して3で割ると普通かも??笑。本当に世の中、上手くできてますww。

そして、昨日も釣りの帰りにいつもの中華屋さんへ行ったので、今回は趣向を変えて・・・・・

この泉南地区はのどかな地域で、本当にゆっくりとした時間が流れており癒されます。お店も昔ながらのお好み焼き屋さん。近所のおじさん連中がお好み焼きを囲み、昼からお酒も飲みウダウダと話しています。お店からは岬公園付近の絶景を見渡せるオーシャンビュー。大阪市内の繁華街のような目新しさは有りませんが、日本の古きよき時間が流れてるようでなりませんでした。本当にこんな所に住みたいですね。このお店も大好きになりました。

 

 

 

 

 

山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度、2018年度ファイナリスト。2018タチウオ甲子園(数部門)準優勝

関連する記事