テンヤ

大阪湾を制した『藤木ジャーク』に業界が震撼!!? 第1回大阪湾タチウオKINGバトル決勝大会

釣場速報主催の今年初開催のタチウオイベント【大阪湾タチウオKINGバトル】の決勝戦が12月22日、泉佐野食品コンビナート・上丸で開催。当日は兵庫~大阪~和歌山の人気船9船での予選を通過した猛者たちがアツいバトルを繰り広げ、記念すべき初代タチウオKINGが誕生した

大阪湾の真の船タチウオナンバーワンを決するべく始めた今年初開催のイベント【大阪湾タチウオキングバトル】。ルールは釣った尾数で決めるというもの。当日の朝は5時半の受付開始だったが、風波は思った以上に強く、生憎の荒れ模様からのスタート。

当日はMCとして、伊丹章さん、つりそくガール・なっちゃん(阪口なつ)も参加してくれ、朝から場を盛り上げてくれ、選手、スタッフともに和気藹々とした雰囲気。7時前、22人の選手たちを乗せた上丸は、当日のポイント、洲本沖へ出陣。

_MG_1882

_MG_1860

メインとなったポイントの水深は80―90㍍。仕かけチェック(シングルフックのテンヤ40号、ワイヤーリーダー禁止、装飾物は一部を除き禁止)の後、村上船長、仲乗りの佳世さん、なっちゃんの賑やかな合図で投入開始!! 楽しくも、緊張極まる一瞬だ。

ところがしょっぱなから、「反応かなり出てるわ。釣れるで!!」と言う村上船長の頼もしいアナウンスの通り、船上のあちこちでは竿が曲がる、曲がる。まさかの入れアタリスタート!?

_MG_1682

_MG_1688

が、1人4、5尾をバタバタっと上げた頃「潮が濁ってきたから、もうちょっとしたら釣れんくなるで」と船長。波風が強く、潮も速いため、小さいアタリが分かり辛く、また、掛かってからのバラシも多い状況。時合は終了して食いの渋い時間帯へ。

そこからは特にそれぞれの釣りスタイルでの勝負が際立ち、少しずつ差が開く。落とし込みでの誘いを多用する人、ジギングのようなアクションの大きい、スピーディーな誘いを展開する人、シャクリと巻きを微妙なタイミングで組み合わせて釣る人etc…。

_MG_1715

この大会を開催するまで知らなかった、想像の遥か上をゆく、個性的なスタイルの釣りのオンパレード…。

中でも最も度肝を抜かれたスタイルが、これがテンヤの釣り!?と目を疑うような、激しいジャークでポンポンとタチウオを掛けていく、右舷トモから2番目、藤木研一氏のスタイルだった。

_MG_1916

_MG_1999

10時半を回って中間集計の時間。トップ11尾が2人、次が10尾、平均で5、6尾と、僅差。

その後、ポイントを移動し、競技再開。食いの渋い時間が続いたが、11時過ぎから、再びタチウオの活性が上向き、終了間際には良型のラッシュも!! そんなこんなで、あっという間に競技終了の12時半を迎えた。

万全の状況ではないものの、朝イチ、終盤のラッシュとドラマチックな展開もあり、選手も全員がマナーよく、オマツリも少なく、終始和やかで楽しい決勝戦だった。

上位3名入賞者は、優勝=初代タチウオキング、藤木研一氏(神戸・仙正丸予選通過)、2位辻康雄氏(岡田浦・湊丸予選通過)、3位浅見巧氏(明石・名田屋乗合船予選通過)。

_MG_2053

_MG_2126

_MG_2043

この大阪湾タチウオキングバトルは、今年は初めての開催だが、予選には全部で200人以上の釣り人に参加いただくことができた。

今後はさらにたくさんの釣り人にとって、年末に向けての楽しみが増えるよう、来年以降も開催していく予定だ。今年は参加しなかったというタチウオ釣り好きのあなたも、来年は気軽に参加してみて欲しいと思う。

なお、ご協力いただいた船宿様、ご協賛いただいたメーカー、釣具店様、スタッフ一同には心より感謝いたします!!

_MG_2034

※週刊釣場速報2014年1月10日号記事より抜粋


さて、この第1回大会の後、一躍『時の人』となった藤木氏のタックル、釣り方について、軽く紹介しておこう。

藤木氏の愛用タックルは、

ロッド:リーディングネライM-200(ダイワ)

_D5A8553

リール:カルカッタコンクエスト300タイプJ(シマノ)

_D5A8561

釣り方は、ジャーク+巻き+止め。

_D5A8602

そして、当時、DVDや記事で紹介して話題となったのがエサ

_D5A8549

通常は冷凍イワシをテンヤに巻くわけだが、藤木氏がイワシ同様に愛用していたのが、サンマ。写真(上)のように、サンマの切り身をイワシのかわりに使用することで、藤木氏特有のジャークの時にヒラヒラとしたアピール力をアップさせる。

さらに、イワシに比べてエサ持ちのよさも当時話題になり、愛用者が増えた。ちなみに、写真のように、イワシを寝かせて刺す、刺し方については、「特に食いがよいとかどうとかと言う理由はないんですけど、このほうが刺しやすいから」とのこと。

初代KING・藤木研一氏の釣りの、さらに詳しい内容を知りたい方はDVDでチェックを!

Goods 関連グッズ販売

可児 宗元

可児 宗元

投稿者の記事一覧

釣りライター。釣り専門誌『週刊釣場速報』副編集長兼大阪湾、瀬戸内、和歌山、鳥取、九州担当記者。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長

関連記事

  1. 【大阪湾タチウオキングバトル2017ファイナル(決勝大会)】76…
  2. 【タチウオキングバトル】中間発表&延期日程のお知らせ
  3. 『巻き幅』にこだわるストップ&ゴー進化形!? 大阪湾タチウオKI…
  4. 船タチウオ開幕in大阪湾!!! テンヤのカラーチョイスと…
  5. 『幅』と『間』の妙で難関の4代目王座奪取!!【大阪湾タチウオKI…
  6. GO太的 テンヤタチウオ動画アップのお知らせ | みっぴ(秋丸美…
  7. 「きくりん流テンヤタチウオvol1」 タックルの重要性
  8. GO太的 リアクション釣法とその有効性

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. キングバトル友の会 タチウオマニアの怪しい集まり(笑)【大阪湾 テンヤタチウオ 第39戦】
  2. GO太的 DAIWA新製品速報/快適船タチウオテンヤSS追加カラー&スペシャルバージョン/NEWリーディングetc..
  3. スーパードラゴン捕獲!!! テンヤタチウオ講習会in三邦丸/リベンジ釣行in第二小島丸【大阪湾テンヤタチウオ第37&38戦】
  4. 新春きくりんカップin湊丸【大阪湾テンヤタチウオ第36戦】
  5. 棚水深比の変化とシーズナルパターンの考察【2017シーズン、20回のデータを振り返って】
  6. 今年最後のテンヤタチウオin湊丸【大阪湾テンヤタチウオ2017第35戦】
  7. ビックリがイッパイの近海タチウオ。
  8. 船タチウオテンヤ講習会in三邦丸【大阪湾テンヤタチウオ2017第34戦】
  9. GO太的 東京湾でテンヤタチウオにチャレンジ!!
  10. タチウオ様も冬支度?大きな潮と水温低下【大阪湾テンヤタチウオ 2017 第33戦】


おすすめ記事

  1. GO太的 テンヤタチウオ動画アップのお知らせ | みっぴ(秋丸美帆)&宮澤&豪太のタチウオテンヤゲームin神戸沖【ダイワ船最前線動画】
  2. ドキっ!女だらけのタチウオ大会
  3. 台風の忘れ物?? in 神戸沖 第9戦
  4. タチウオの型は釣り分けられるのか? ドラゴンをいかにして釣る?(高活性期)
  5. 棚水深比の変化とシーズナルパターンの考察【2017シーズン、20回のデータを振り返って】
  6. GO太的 夏の潮の難しさ
  7. タチウオ様の居留守には困ったもんだ (笑) 第20戦 in 神戸沖
  8. スーパードラゴン捕獲!!! テンヤタチウオ講習会in三邦丸/リベンジ釣行in第二小島丸【大阪湾テンヤタチウオ第37&38戦】
  9. タチウオテンヤ 2017開幕戦に向けて・・・・(ライター紹介)
  10. ダイワ・シーボーグLTD200Jってどうなん?
PAGE TOP