テンヤ

『巻き幅』にこだわるストップ&ゴー進化形!? 大阪湾タチウオKINGバトル2014年度決勝大会

年をまたいで延期となった【大阪湾タチウオKINGバトル2014】の決勝戦がいよいよ1月11日に開催された。当日は和歌山・加太の三邦丸に「狭き門」を勝ち残った猛者たちが集結し、真の大阪湾ナンバーワンを決するべく、アツいバトルを繰り広げた。

予選全26回、約300人の予選参加者の中から、各予選ごとのトップのみが出場することのできる狭き門、【大阪湾タチウオKINGバトル】のファイナル。
当日は和歌山・加太の三邦丸乗船場に集結。5時半からの開会式では、ナビゲーターの伊丹章さんから、まずはスタッフの紹介。
「ところで気になる船頭は?」と思ったところで、「今日のための助っ人、スペシャルゲストの『スーパー船頭』!!」と伊丹氏。登場したのは覆面をした謎の男!!?

IMG_8701

IMG_8705

…そんなこんなで、朝から和やかな雰囲気と緊迫感が入り乱れた会場だったが、まだ辺りが暗いうち、50人乗りの超大型船ヴェルデに乗り込み、6時に出船した。

まずはスーパー船頭、当日の朝の大本命、由良沖の90㍍ラインへ。だが、魚探の反応が…。開始の合図は伊丹さんがマイクで高らかに。時刻は7時前。

IMG_8711

だが、タチウオのアタリは皆目なし…。数回ポイントをかえて流すも、やはりダメ。
そこで船頭、大きくポイントをかえて突っ走り、今度は洲本沖の70㍍ラインへ。到着すると、魚探には先ほどとはまるで違う、濃い反応が!! 「水深70㍍、50―60㍍に反応」。
…と、そこからは、ほぼ「祭り状態」。さすがはツワモノ揃いの船上だけに、タチウオのアタリが出だせば、あっちもこっちもギュンギュンと次々に、竿がしなる、しなる!!

IMG_8715

アタリは中層主体に多いが、前半は食いがまだ本格化していなかったせいか、短いピッチやスロー気味の巻き誘いのほうが確実にヒットにつながり、ここで差が開いた。
瞬く間に中間集計の9時。トップを走る山口氏はサンマの切り身をエサに、ちょうど1㍍刻みの巻き+止めに、フワフワと小刻みなジャーク。

IMG_8792

IMG_8884

横に並んだシード選手・初代タチウオKING藤木氏の激しいジャークの横で、見た目には対照的な、着実な攻めが功を奏した様子。

IMG_8756
後半に入ると、さらにアタリの数も増えたようで、手返しと、いかに当たりダナを的確に探るかがカギに。

IMG_8818

IMG_8821

IMG_8894
そこからは優勝候補を噂された名人たちも一気に追い上げにかかり、どの選手もすでにクーラーはタチウオでいっぱい。誰がトップか、スタッフも選手も全く分からない…。そんな息つく暇もない緊迫感MAXの状況の中、伊丹さんから、11時半の「ストップフィッシング~」のアナウンス。選手たち全員の口から思わず「ホッ」とため息が漏れた船上。ヴェルデは一路、港へ。

ちょうど12時、港に到着すると、乗船場で検量。釣果はまさに僅差だった。

IMG_8954

栄えある優勝カップを手にしたのは、前半からラストまでほぼ同じペースでコンスタントに釣果を伸ばし続けた、左舷ミヨシから4番目の徳冨幸夫氏、32尾。

IMG_8966

2―4位は30尾の同数。長寸勝負で2位が中橋政男氏(113・5㌢)、3位が山口武久氏(112㌢)。

IMG_8976

「いい意味の緊迫感」とはまさにこのことと言いたくなるような、楽しくもスリリングな、最高の決勝大会だった。

IMG_8943

IMG_8726

IMG_8877

IMG_8960

IMG_8977

IMG_8992


さて、前半、後半ともに終始コンスタントにヒットを続けた優勝者・徳冨氏の誘いパターンは、「約50㌢刻みの巻き」+「止め」が基本とのこと。 IMG_8853

この動作を、タチウオの活性に応じて「止め」の感覚を長くしたり短くしたりしているとのこと。「1㍍とか1.5㍍刻みとかで巻いて止めて…というふうによく言われますけど、自分はもう少しじっくり魚にテンヤを見せたほうがいいんじゃないかと思い、こうしています」。また、この誘いにプラスして、時おり道糸を手繰ってチョンチョンチョンと揺するような誘いも多用しており、特徴的。

IMG_8851

「この誘いをした後にアタリがでることが多いんですよ!」と徳富氏。アタリ⇒アワセについては、「自分はそんなに器用じゃないので、小さなアタリには合わせず、上へ上へと誘って、本アタリが出たら合わせるというオーソドックスな釣り方を忠実にやっているだけです」とのことだった。

IMG_8870

↑徳冨氏のテンヤ。ヨーヅリのリアルヘッド、ハヤブサ×魚矢の極テンヤにエサは船で配られたイワシを使用していた

IMG_9017
■優勝者・徳冨氏のタックル(写真中央):リーディング82MH-190MT(ダイワ)+プレイズ800(シマノ)

■準優勝・中橋氏のタックル(写真右):バイオインパクトXタチウオ82-190(シマノ)+シーボーグ150J(ダイワ)

■3位・山口氏のタックル(写真左):極鋭タチウオテンヤSP(ダイワ)+フォースマスター400(シマノ)

 

優勝 徳富幸夫 32尾 (上丸)
2位 中橋政男 30尾 長寸113.5cm (三邦丸)
3位 山口武久 30尾 長寸112.0cm (三邦丸)
4位 田中正人 30尾 長寸111.0cm (湊丸)
5位 皆坂康夫 29尾 (河合釣船)
5位 福澤英樹 29尾 (上丸)
7位 山本和人 28尾 (海新丸)
7位 水上謙治 28尾 (三邦丸)
9位 菊池雄一 27尾 (丸松乗合船)
9位 辻康雄  27尾 (第二小島丸)

※括弧内は予選通過船名。敬称略

関連記事

  1. 2017タチウオキングバトル 運命のセミファイナル in 神戸沖…
  2. ブームの予感!!? ジギングテンヤってなんだ?
  3. TKB予選会 in 湊丸(第17戦)海の神さん、おおきに(笑)
  4. GO太的 大阪湾タチウオ動画公開(タイラバ、鬼アジも)
  5. テンヤタチウオにおける『縦の釣り』と『横の釣り』 in 洲本沖 …
  6. 【大阪湾タチウオKINGバトル2016】ファイナリスト25名のタ…
  7. ハヤブサ 大阪湾タチテンカーニバル2018!!
  8. 「きくりん流テンヤタチウオvol.4」 衝撃!!タチウオのエサ!…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 【タチウオ甲子園予選リポート】タチウオに歯型⁉テンヤにダブルヒット⁉サンマエサの巻き方考察etc… 
  2. 釣行時の持ち物公開(笑)(笑)(笑)
  3. サンスポ杯「タチウオ甲子園」【2018 テンヤタチウオ in大阪湾 第10戦】
  4. 【大阪湾タチウオキングバトル予選REPORT】二枚潮を制して予選通過‼
  5. GO太的 フッキングのタイミング
  6. 『底』を取るより『棚』を獲る【テンヤタチウオ in 大阪湾 第7戦】
  7. 【業界初のコダワリ満載】ハヤブサ・船太刀魚テンヤのNEWシリーズの魅力を一挙おさらい‼~動画解説付き~
  8. ダイワ『シーボーグ200J-SJ』デビュー‼~『巻き』と『フォール』にこだわる電動スロージギング対応の最強プレミアムモデル~
  9. 第1回『サンスポ杯タチウオ甲子園』予選参加者受付中‼ ~船部門&波止部門で同時開催~
  10. 『タックルバランス』と『アタリ』【テンヤタチウオ in 大阪湾 / 第6戦】


おすすめ記事

  1. ラスト流しの興奮 【大阪湾 テンヤタチウオ 第42戦】
  2. 台風の忘れ物?? in 神戸沖 第9戦
  3. 練餌海道サンマ『KINGドラゴン』で爆釣!!! ブルーマックス『帰れまテン』〜大阪湾タチウオテンヤ第27戦〜
  4. エキスパートな方々の色んな釣りの楽しみ方 第19戦
  5. 棚水深比の変化とシーズナルパターンの考察【2017シーズン、20回のデータを振り返って】
  6. ダイワの名竿『NEWリーディング』がイイ!
  7. GO太的 夏の潮の難しさ
  8. 大阪湾を制した『藤木ジャーク』に業界が震撼!!? 第1回大阪湾タチウオKINGバトル決勝大会
  9. 大阪湾タチウオテンヤ 当たりの質が変化を遂げようとしています。
  10. 【タチウオキングバトル】中間発表&延期日程のお知らせ
PAGE TOP
Translate »