すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

大阪湾テンヤタチウオ【きくりん流】冬シーズンの傾向と対策!!

どもども。しつこいですが自称膝の神です(笑)。

11月も後半に入り、大阪湾のタチウオも夏場や秋口にかけての個体に比べ、活性度合やヒットパターンに変化が見られてきています。

参考になるかわかりませんが、これまでの私の経験と先日の釣行で感じてきたことを踏まえ、今後の傾向と対策について予測させて頂きますね。

今期はどうなってしまうんだろう…と思うくらいの絶好調期から一転して、例年通りの食いに落ち着きつつある今の大阪湾。サイズもここ数年同様、小型の個体も多くみられるようになりました。

海水温も高水温期から徐々に低下を始めるこの時期から二枚潮が落ち着き、潮見表通りに近い潮の流れに落ち着きつつあります。

タチウオも浅場の神戸沖から深場のある洲本沖に移行しつつあります。※今現在では洲本沖の浅場で食い気が立っている事もありますが。

では、このような傾向にあるタチウオに対して、どうアプローチしていけば効果が出やすくなるでしょうか?

あくまで私の経験論にはなりますが、下記をご参考くださいませ。

〇強力発光タイプのテンヤカラーからナチュラル系、ケイムラ系カラーへのシフト

皆さんも寒い冬場には刺激的(アピール力)なアイスクリームよりも温かい(ナチュラルな)お鍋が恋しくなりませんか?? こじつけですが…(笑)季節ごとにアタリのよく出るテンヤカラーは異なります。

完全無発光、オールケイムラのバーストシュリンプ(←カラー名)はこれからの時期に最高の相棒になってくれるかと思います。アミノ酸に付けたイワシの頭を落とし、お腹をさいてテンヤ軸を隠すと追いが更に良くなると思いますよ。

菊池雄一

菊池雄一 投稿者の記事一覧

関西~山陽エリアの船釣りに精通する、ハヤブサ船 釣り仕掛け開発担当&熱血アングラー。ハヤブサの船タチウオテンヤ開発も手掛ける。大阪湾タチウオKINGバトル2016準優勝。2014、2015、2018ファイナリスト。特技はご存知「どや顔」と「ヒザ」