すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

冬のテンヤタチウオ【弱々しいアタリ】と【ロングステイ】

今シーズンの大阪湾のタチウオ様の数の多さに驚きながらも、今後【来シーズンのタチウオの動き】の反動が凄く不安な山口です。

今週は行く予定はなかったのですが、急遽行ってきました。いつまで続くか分からない今年の大阪湾のテンヤタチウオを堪能しました。

今回は泉南・岡田浦の湊丸さんより出船です。

先週の大きな潮の日でも爆釣、そして今回も結果的には大爆釣。しかし、間違いなくアタリの質は変化しているような気がしてなりません。

11名のアングラーを乗せて、地の島沖へ・・・・。

日の出が本当に随分早くなりました。7時前にはもう既に明るい。気温は低いですが、綺麗な朝日を拝みながらスタートです。

そして今回は・・・・

先日のフィッシングショーでこのリールを見て、そしてスペックが気に入りました!!

鳴門のビニール真鯛用にと、発売したばかりのスパルタンMX IC 200H(ダイワ)を導入したのですが、テンヤタチウオで使えそう・・・と思い、試しに今回使用する事に・・・。

リール:スパルタンMX IC 200H(ダイワ)

ロッド:極鋭タチウオテンヤSP EX AGS178(ダイワ)

ライン:メガセンサー12ブレイドEX+si(ダイワ)1.5号

実は私、手巻きが結構好きなのです。

テンヤタチウオを始めて約2年は手巻きのリールを使用していました。利点は・・・フッキング精度が上がると思います。やはり、コードも無く本体の重量も軽い為に、俊敏なフッキングが可能になります。

山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度、2018年度ファイナリスト。2018タチウオ甲子園(数部門)準優勝