すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

【きくりん’sリポート】大阪湾タチウオKINGバトル2019セミファイナル

2019年 私の夢への挑戦。

いつもタチウオマニアのブログを閲覧くださりありがとうございます。マニアのきくりんです。

昨日、大阪湾タチウオキングバトルの準決勝が行われました。その時、私はどう思い、どう考え、チャレンジさせて頂いたかをブログに残させて頂きます。参考になるかはわかりませんが、ご了承くださいませ。

結果から申しますと参加してきた大会の中で初めて決勝進出が叶いませんでした。

自身、未熟なのはわかっていますが、昨年に比べ、アベレージや感情のコントロール等、自分の中で一皮むけたかなと自負していました。また今年こそは、また再び表彰台に必ず上がりたいと練習を積んできました。

↑2016年度大会で準優勝できた時。今年こそは…

取材予定の釣行が流れ、うまく準決勝の前日にタチウオ取材ができました。ポイントは通称アカマツと言われるエリア。このポイントは洲本沖の流れが速いタイミングでもやれる比較的緩やかなポイントで、冬場に非常に高確率にドラゴンサイズがでるポイントというイメージを私自身、持っています。

当日は朝からラッシュがあるものの、本格的な活性ではなく追いの悪い、また小型のタチウオを掛けていく釣りを展開することになりました。結果は33本と納得の撮影になり、翌日の準備を始めました。

準決勝当日は、前日同様のアカマツでの釣りになれば、以下の釣りに絞ってやると腹をくくりました(取材釣行で感じたことを翌日実践するために)。

①私の得意の今期の特徴であった7対3調子のロッドから、8対2調子へ変更。追わない、かつ小型のタチウオを掛けるロッドが必要だと。

②潮が流れるタイミングがあれば、ボトムから10~15m、潮が動かなければ徹底したボトム狙い。

③誘いは小型がメインになることから、小刻みジャークからのロングステイ。焦らず徹底したロングステイが決め手だと。

④エサは絶大な信頼をするイワシから小型を翻弄するために、サンマも併用するため、急遽準備。

⑤深追いする魚には焦らず1匹1匹必ず丁寧にと。

⑥テンヤはタングステンではなく、フリーアングルの妖艶グローをメインに。

※光る面積を増やし、小型タチウオへのアピール力を高めようと。

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

フィッシングライター。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、2013年に大阪湾タチウオKINGバトルを発足。以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。タチウオマニア編集長。『釣場速報』元副編集長。朝日カルチャーセンター非常勤講師。月刊『つり人』、サンケイスポーツなどに執筆中。