エサ

大阪湾タチウオKINGバトル2017開幕!! 初代キングが完全復活!!? 予選第二戦in須磨・仙正丸

どんな大事な取材前でもこんなことはめったにないのですが、実は昨日、眠れませんでした。それほど待ちに待った、開幕取材。

いよいよ大阪湾タチウオKINGバトル2017が幕を開けました!!

昨日、9月1日の春日丸戦を皮切りに、全52戦という…はちゃめちゃな数の予選会。。わいわい楽しい予選会。そして、マニアを苦しめ続ける予選会。そう、この大会、準決勝への切符を手に入れられるのは各予選での竿頭ただひとり。

本日は予選2日目。過去2人のキングを生んだ須磨の仙正丸での予選第1日。早い段階でSOLDOUTとなっていたこの予選会、女将さん(ブログは→こちら)からはこっそり、スゴイ面子です…とだけ聞いておりました。

上段、左から僕、植原さん(2017年度3位)、福岡さん(2015年度優勝/3代目キング)、吉田さん(2017年度準決勝進出)/下段 伊丹章さん(ゲスト)、藤木さん(2013年度優勝/初代キング)

 

今日は神戸沖の水深80mライン。土曜日ということもあってひしめき合うように、すごい数の釣り船が出ています。

朝イチはまずまずの活性でアタリも多く、タチウオが追う!

ゲスト参加の伊丹さん。順調に数をのばしていきます。(使用テンヤ;快適船タチウオテンヤSS)

ミヨシには藤木さん、右舷のトモには後ろから植原さん、吉田さん、福岡さんと並びます。

朝イチは活性もよく、タナは底から10〜20mあたりまでがホットゾーンの様子。藤木さんのあの、久々に見る激しいジャークの釣りに次々とタチウオがヒット。

他の人も順調に数をのばしていき、8時半の時点での中間集計、トップ18尾。

強豪相手にトップを走ったのが、この2人。大塚さん親子。

さて、それから長く苦しい展開が始まりました。。

タナは底から10mまでとなり、アタリがきても追わないパターンに変化。掛からない。そしてバラシも一気に増えます。

11時を過ぎると、アタリは底から3〜5mまでと一気にベタ底でのこまかい、しんどい釣りに。

 

そんな状況、そんな強豪揃いの接戦の中、トップは2人。34尾。

藤木氏、そして植原氏。2人とも本当にお見事でした。さすがのさすが。ですが…この大会、各予選日を通過できるのは無情にも1人なのです。。というわけで長寸勝負となりました。

尻尾の長さがほんの少し…💦

超実力派の植原さん、ざんねん。。

そして、見事予選通過を決めたのは、この人。藤木研一さん!

なんで、すしざんまいポーズやねん。

久々に彼の釣りを見て、第一回の決勝大会でのあの衝撃を思い出しました。

準決勝、決勝での活躍も期待しております!!

さて、藤木氏の今日のタックルを紹介しておきます。

メインは、ロッド→メタリアタチウオM185(ダイワ)、リールはシマノフォースマスター400(シマノ)

サブは、ネライM200(ダイワ)、リールはオシアコンクエスト300PG(シマノ)

 

テンヤは下写真のもの使用

上から

船太刀魚テンヤベーシックシングル(ハヤブサ)オールケイムラ

サーベルマスター船テンヤ(シマノ)ケイムラ夜光

猛光太刀魚テンヤ船(ヤマシタ)

船太刀魚テンヤベーシックシングル(ハヤブサ)ナチュラルイワシ

 

食いが渋い時間帯もカラーはケイムラがよかったとのこと。

誘いは、前半の活性のある時はハイピッチな、通常の『藤木ジャーク』で。最終的にベタ底で全く追いのない時は、止め→シェイク→止めで、モワッとした居食いのアタリをしっかり見極めて釣ったとのことでした。正直、フッキングのタイミングについては、藤木さんの釣りの場合、スタイルがかなり独特なので自分などからすると謎も多いのですが、いわゆる即掛けのようなアタリの取り方はせず、しっかりとした本アタリを見極めてから掛けにいくスタイル。

早いピッチの釣りでの圧倒的な実力はもはや有名ですが、本来あまり得意ではないはずの渋い時間帯もうまく攻略したところが今回の大きな勝因だったのでしょうか。

それと、エサも少しかわった物を使っておられました。イワシの丸干し+サンマ。

こんな感じで抱き合わせに。イワシ+サンマの抱き合わせは以前からやっていますが、「丸干しは通常の冷凍イワシより身がしっかりしててええわ〜」と。

そんなこんなで、開幕取材もとてもよい機会に巡り会えて大満足でした。参加者のみなさんおつかれさまでした。

また、仙正丸の辻船長、仲乗りの山田くん、クーラーチェック、納竿時間のアナウンスや中間発表まで、本当に丁寧に行っていただいていて、感激でした☆

※右が辻船長、左が山田くん

さらに、女将さんからもお心遣いを。

須磨の一番摘み海苔!最高です。もうスーパーの海苔には戻れない今日この頃です(笑)

可児 宗元

可児 宗元

投稿者の記事一覧

釣りライター。釣り専門誌『週刊釣場速報』副編集長兼大阪湾、瀬戸内、和歌山、鳥取、九州担当記者。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長

関連記事

  1. 【タチウオキングバトル】セミファイナル!!!
  2. タチウオマニア的『フィッシングショー大阪2018の楽しみ方』~山…
  3. シーズナルパターン炸裂 in 神戸沖 第13戦
  4. タチウオマニア2人の共演。『深追い掛け釣法』✖️『ジャーク&am…
  5. 大阪湾タチウオKINGバトル2017 セミファイナル参加の皆様へ…
  6. テンヤを落とせば、ター様の頭にアタル in 神戸沖 第18戦
  7. 船タチウオ開幕in大阪湾!!! テンヤのカラーチョイスと…
  8. タチウオテンヤに新風!!? ジギングテンヤの可能性in上丸(大阪…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 今季、本当に最後のテンヤタチウオ 第52戦
  2. 『自分の釣りを楽しむ大切さ』~船カワハギS-sense Report~
  3. テンヤタチウオ in 大阪湾 エクストラゲーム(;´Д`) 第51戦
  4. タックルメンテナンス『オーバーホール(OH)のすゝめ』
  5. 今シーズンを振り返って想う事・・・・ 【大阪湾テンヤタチウオ 総集編】
  6. 誘いやアタリによるタックルの選択肢。【大阪湾テンヤタチウオ 第50戦 今シーズンファイナル】
  7. 『小さなアタリ』と『追わないアタリ』・・そしてどう『掛ける』か?【大阪湾テンヤタチウオ 第49戦】
  8. 【大阪湾タチウオキングバトル2017】ファイナリスト25全タックルデータ(太刀魚テンヤ/ロッド/リール)
  9. newリーディング 出ましたよ~ 早速GETですww。
  10. GO太的 DAIWAテンヤタチウオNEWロッド 情報公開!


おすすめ記事

  1. ビックリがイッパイの近海タチウオ。
  2. 「きくりん流テンヤタチウオvol1」 タックルの重要性
  3. タチウオ様のツンデレぶりには困りました(;´Д`)【大阪湾テンヤタチウオ 第46戦】
  4. 船タチウオテンヤ講習会in三邦丸【大阪湾テンヤタチウオ2017第34戦】
  5. 閲覧注意!!タチウオからタチウオが
  6. タチウオの型は釣り分けられるのか? ドラゴンをいかにして釣る?(高活性期)
  7. 『タチウオ船テンヤ 爆釣したいなら俺たちに任せろ』タチウオマニアの共演。フィッシングエイト本店specialイベント開催
  8. 2日間で群れが変わったのか? 大阪湾タチウオテンヤ 第4戦
  9. 【大阪湾タチウオキングバトル2017】ファイナリスト25全タックルデータ(太刀魚テンヤ/ロッド/リール)
  10. エキスパートな方々の色んな釣りの楽しみ方 第19戦
PAGE TOP
Translate »