すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

東京湾テンヤタチウオで『ドラゴン多発』の真相と『2大爆釣法』が釣れる理由とは?

タチウオマニアをご覧の皆様、どうも自称「膝の神」です(笑)。 久々の投稿になりますが、濃ゆーい内容のブログを今回は執筆させていただきますね。

関東に住むようになり、1年半が経ちました。コロナ禍ということもあり、関東エリアの地理的な部分は未だに全く把握していませんが、東京湾のタチウオのポイント名は相当にわかるようになってきました。

さて先日、ダイワのYouTubeチャンネル「船最前線」の撮影に行きました。同行させていただいたのは、東京湾テンヤタチウオ大ブレイクの立役者の2人。高槻慧さんと渡辺太吾さん。

高槻慧:ノンストップバイブレーション釣法の生みの親。東京湾のテンヤ&天秤のタチウオを筆頭に、主にテクニカル系の様々な釣りに精通する。ダイワフィールドテスター
渡辺太吾:Dトゥイッチ釣法の生みの親。タチウオ、カワハギ、マルイカなど関東近郊のテクニカルな釣りに秀で、エサ使いのこだわりも強い、超マニアック系アングラー。ダイワフィールドテスター

このお2人、実は私が東京に来たばかりで寂しい想いをしていた時に優しく東京湾タチウオマニア道に導いてくださった方たちなのです。本当に2人には感謝してもしきれません。

テンヤタチウオの大ブームに沸いた昨シーズン、東京湾でのテンヤタチウオの2大爆釣法……それが高槻さんの「ノンストップバイブレーション釣法」、そして、渡辺さんの「Dトゥイッチ釣法」

この釣法の詳しい内容とスタイルが生まれた経緯など、船最前線『テンヤタチウオEXPERT STYLES』(↓)をご覧頂ければ幸いです。海中でのテンヤの動きのイメージを精度高く再現し、アグレッシブに誘って掛ける、またエサにこだわる「555の法則」等、マニアック内容満載ですよ。

※撮影協力:こうゆう丸(横須賀・新安浦港)

さて、今回私がここで触れたいのが、東京湾タチウオ釣りをとりまく独特な特徴です。全国各地や海外等でも船タチウオテンヤを実践してきた私が言うんですから、なかなか信じれる内容だと思いますよ(笑)

■とにかくでかいドラゴンサイズが狙える全国屈指の名ポイントが点在しています(→私の仮説について、あとで触れます)

■船の流し方・立て方が独特です(関東の船宿さまからすればこれが普通だと思いますが)
→反応の上を常に狙う感じです。船を流し続けるのではなく絶妙なコントロール操作で常に反応の上をキープするイメージ

■タチウオがなんと1年中狙えること!本当にどこかのポイントで1年中狙えます!!(→私の仮説について、あとで触れます)

■狙うレンジ(タナ)が絞られているケースが多い

■大羽サイズのイワシがトレンド
(→私の仮説について、あとで触れます)

■海の濁り加減はキツめなのですが、何故か、ナチュラル系のテンヤカラーに反応がよい傾向がある

■もの凄く熱い熱いタチウオマニアが沢山いる!!

上記のような特徴があります。

さて、ここからは、まず東京湾での膨大な魚のストック量について、私なりの考察です。

菊池雄一

菊池雄一 投稿者の記事一覧

関西~山陽エリアの釣りに精通する熱血船釣りアングラー。愛称は『きくりん』。大型タチウオ狙いにも定評ある『深追い掛け釣法』の生みの親。タチウオ釣りを全国、そして海外に広めるべく日夜精進する。大阪湾タチウオKINGバトル2016準優勝。特技はご存知「どや顔」&「ヒザ(巧みな膝使い)」。グローブライドスタッフ。

関連する記事