すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

ブームの予感!!? ジギングテンヤってなんだ?

先日、ある気になるアイテムをお借りして、泉佐野の上丸でテストをしてみました。

フィッシュアローから7月発売予定の『ジギングテンヤ』

もともとはこれ、ルアーマン向けにテンヤ釣りならではの駆け引きや大型狙いの面白さを知ってもらいたいという思いから開発されたアイテムで、専用のワームも合わせて発売予定なんですが…

これをはじめて見た時、普段エサのタチウオテンヤにお世話になっている自分としては、率直に『エサで使えないのかな?』と思った訳で…

というわけで、

こんな感じにイワシを巻いてみた訳です。シルエットが今までのテンヤに比べて一回りから二回りくらい小さく、針もかなり小さいので、エサのイワシは頭を切り落としてセット。腹のあたりに針先がくるように。

釣れました。普通に。

というか、シルエットが小さく、グローが入っていないぶん、この食い渋りの時期のタチウオには効くのか、アタリの数が多いような…

フッキングに関しては、従来の物と比べて針がかなり小さい分、タイミングが少し違う感じ。ですが、釣れますね〜

それと、釣れる釣れないの前に今回試したかったのが、テンヤの動き。乗合船の場合、テンヤがむやみにダートしてしまう形状だと、オマツリの原因になるので使えませんが、これは大丈夫そう。落下時もまっすぐ落ちていっている感じでした。上丸のムラカミ船長、カヨさんにも使用はOKと言ってもらえました。

これは、タチウオ釣りに新風か!?

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

釣りライター。釣り専門誌『週刊釣場速報』副編集長兼大阪湾、瀬戸内、和歌山、鳥取、九州担当記者。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長

関連する記事