すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

フィッシングショー大阪2020 最新アイテムレビュー

2月8、9日(業者日:7日)と開催されたフィッシングショー大阪2020。コロナウィルスの話題の影響でマスク姿が目立つものの、会場は例年通り活気と笑顔に満ちたイベントでした。

自分自身も1年ぶりにお会いする方々、タチウオマニアの方々とも遭遇できて楽しいひと時でした。

今年は滞在時間が少なめだったのですが、駆け足ながらタチウオマニア的に気になるアイテムをチェックしてきましたので、レビューしてみたいと思います。

まずは、ダイワブース。

時期的に、まだ2020年のタチウオアイテムの展示は少なめでしたが、やはりテンヤタチウオ的に大本命と言えるのは、リニューアルされたシーボーグ200J-DHでしょうか。

自分も初代機の発売以来、長年にわたって愛用しているシーボーグ200Jのダブルハンドル仕様。

以前はシングルハンドルが圧倒的に人気だったテンヤタチウオですが、ここ数年、細かい誘いのバリエーションが増えたことでダブルハンドル愛用者も相当多くなりました。

で、今回2020年モデルでの前モデルからの仕様変更点はというと、

何といっても、JOGレバー。アルミの削り出しによるJOGの採用でグリップ力、操作感が前モデルと比べて大幅に向上しております。前モデルがこちら↓

愛用してきた初代機も流石に古くなってきたし、ぼちぼち買い替え時かな…

それから、リールで他に気になったのが、

シーボーグ200J-SJというNEWモデル。以前300サイズで出ていた電動ジギング仕様の200サイズ版。

PE1.2号が500m巻けます。自分が使っている200Jには発売時から1.2号を500m以上巻いて、アカムツ、キンメ、クロムツ、オニカサゴetc…の電動スロージギングにも使ってましたので、これも個人的に欲しかったやつ。

それと、手巻きリールのほうでは、

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

フィッシングライター。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、2013年に大阪湾タチウオKINGバトルを発足。以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。タチウオマニア編集長。『釣場速報』元副編集長。朝日カルチャーセンター非常勤講師。月刊『つり人』、サンケイスポーツなどに執筆中。