その他

棚水深比の変化とシーズナルパターンの考察【2017シーズン、20回のデータを振り返って】

新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

年末ジャンボ宝くじの発表で、今年も奈落の底に落とされた山口です。今年も真面目にコツコツ働きますww。

さて、昨年7月から12月の釣行で今シーズンから精力的に取り組んだデータ取り。こんなに毎回真剣にデータを取ったのは初めてでした。約20回のデータです。釣行では、キングバトル予選、セミファイナル、ファイナル、タチウオパーティ、他数回、そして雨の日の釣行以外は基本データを確実に取りました。何度も手返しの悪さ故にデータ取りを止めようかと心が折れそうになった事か・・・。データは取るだけでなく比べる為に有ります。また、そのデータからの私なりの考察をしてみました。私は基本、潮が良い日、悪い日に関係なく毎週土曜日に釣行する事が多く、コレも意外とデータを取る上では平均化され、信ぴょう性も高いと思われます。

 

ちなみにデータの取り方ですが、アタリ棚は釣れた棚では無く、初アタリの棚です。また、探見丸搭載船に私は乗船するので水深等は、ほぼ正確です。そして正確なデータがどうしても欲しかったので、釣れたらその場で直ぐに書き込みます。流しなおす時に適当に覚えてる範囲で書き込んだデータではございません。ですので、時合いの時は明らかにデータを書き込む為に竿を置き、手を綺麗に拭き、ボールペンを持ってとなるので結構手返しが悪くなった記憶が有りますが、でもデータを蓄積してみると面白い結果が出ました。苦労した甲斐が有りました。いつも、ゴソゴソと書いていると、みんなに「コイツ何してるねん?」と言うような顔で見れれる事にも慣れました(;´Д`)

現場ではこういった感じで↑データを取ります。そして帰宅後Excelの表にして、PDFファイルを完成させ、いつもタチウオマニアの投稿に添付しています。また投稿するPDFファイルとは別に、その日の平均の棚水深比を集計表に入力して行きます。

棚水深比とはアタリ棚を水深で割ります。そして1に近づく程に底付近で釣れた事になります。例えば・・・・

12.30湊丸11中潮【←リンク有り】12/30の湊丸での13尾の釣果データを平均化した物が、その日の平均の棚水深比になります。今回は0.81です。

そして約20回分の平均棚水深比のデータがこちらになります→。棚水深比 集計表

ちなみに、パソコンでご覧下さる方はリンク先をクリックすると同じウィンドウで開いてしまい見にくいので、リンク先はshiftキーを押しながらクリックして頂くと別ウィンドウで開くので、この説明と横に並べて頂き見て頂くと非常に見やすくなっています。

表だけご覧になっても分かりにくいので、グラフにしてみると・・・・・

 

Y軸には(棚水深比の)1を下側にして表しています。X軸には7月~12月の月日の移り変わりを表しています。点がY軸の下側に行けば行くほど底付近で多く釣れた事になります。それではご説明します。

見て頂ければ、7月は底付近で多く釣れた事が分かります。今シーズンの特徴です。例年、そんな事はなく上ずっている事も多いのですが、今シーズンは本当に底でよく釣れていました。そして大まかに説明すると、9月に入った辺りから急に棚が上ずり始めて、10月の中旬をピークにして、徐々に棚が下がり始めます。グラフにすれば顕著に表われました。

ある程度は予想していましたが、ここまで綺麗に出るとは驚きです。

ただ、このデータはあくまで私が一人で取ったデータです。ですので、私的に最初から今回出た結果を予想の下で考えながら毎回釣りをしているので、どうしても棚取りが予想の方向へ向かったのかも知れません。また、私は基本中層の釣りを得意としており、上ずる棚の攻略をいつも考えているので棚水深比がある程度小さくなる(棚が上ずる)かも知れません。出来れば、2.3人で違う釣りを展開する方とデータを取りたいのですが、こればかりはお願いしても誰も協力してくれないハズですww。ある方は「お金を貰っても無理」と言っておられましたww。

【考察】

7月の釣行時は上の棚では今年はなかなか釣れず、hitしたタチウオからはしばしばアミエビを吐き出した記憶が有ります。例年、特にシーズン最初は上ずる事も多いのに・・・。でも今年はイカナゴ漁も不漁・・・よく聞く話は、すべての魚が遅れていると。そう言えば、今年は鳴門の真鯛も釣れ始めが遅かったです。確か水温の上昇が遅れていると言っていたと思います。

8月から9月に入り水温上昇と共に台風の時期になり恐らく水質の悪化(底濁り)が入りだし棚が上ずり始める。またイワシを追いかけるようになり更にその棚の上昇に拍車をかけたのも有るかと思います。また今年は、例年なら9月頃から産卵に入りだすと釣果が激落ちするハズなのに、それなりに高い釣果をキープ。例年ならキングバトル予選会の潮の悪い日は1ケタの勝負だったのに今年はそんな事は、ほぼ無かったと記憶しています。しかし、釣れてくるサイズはほぼ産卵には関係のないサイズばかりだったと思います。

が、しかし・・・10月の台風2連発直撃以降は釣果は激落ち・・・・。例年のパターンに・・。

ページ:

1

2

関連記事

  1. 『幅』と『間』の妙で難関の4代目王座奪取!!【大阪湾タチウオKI…
  2. GO太的 夏の潮の難しさ
  3. 閲覧注意!!タチウオからタチウオが
  4. 【ライフジャケットの着用義務化】本日2月1日より開始!!
  5. GO太的 DAIWAタチウオパーティー大阪募集スタート!
  6. GO太的「アタリ」 と 「アワセ」考!
  7. タチウオマニア2人の共演。『深追い掛け釣法』✖️『ジャーク&am…
  8. 『タチウオ船テンヤ 爆釣したいなら俺たちに任せろ』タチウオマニア…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 【タチウオ甲子園予選リポート】タチウオに歯型⁉テンヤにダブルヒット⁉サンマエサの巻き方考察etc… 
  2. 釣行時の持ち物公開(笑)(笑)(笑)
  3. サンスポ杯「タチウオ甲子園」【2018 テンヤタチウオ in大阪湾 第10戦】
  4. 【大阪湾タチウオキングバトル予選REPORT】二枚潮を制して予選通過‼
  5. GO太的 フッキングのタイミング
  6. 『底』を取るより『棚』を獲る【テンヤタチウオ in 大阪湾 第7戦】
  7. 【業界初のコダワリ満載】ハヤブサ・船太刀魚テンヤのNEWシリーズの魅力を一挙おさらい‼~動画解説付き~
  8. ダイワ『シーボーグ200J-SJ』デビュー‼~『巻き』と『フォール』にこだわる電動スロージギング対応の最強プレミアムモデル~
  9. 第1回『サンスポ杯タチウオ甲子園』予選参加者受付中‼ ~船部門&波止部門で同時開催~
  10. 『タックルバランス』と『アタリ』【テンヤタチウオ in 大阪湾 / 第6戦】


おすすめ記事

  1. GO太的 厳寒期のタチウオの難しさと面白さ!
  2. 電動ルアーゲーム!!!〈ダイワカタログ編集後記〉
  3. 【大阪湾タチウオキングバトル2017】セミファイナル進出者が決定!!!
  4. 大潮まわりのすゝめ【テンヤタチウオin大阪湾/第5戦】
  5. 今年のタチウオキングバトル。
  6. タチウオテンヤ 釣り方の基本とタックル(大阪湾の船の太刀魚釣り)
  7. フィッシングショー大阪を満喫、そして極鋭関西新年会へ・・・・
  8. 狙うは2m級巨大タチウオ!? 夢のメガタチinオキナワ
  9. GO太的 フィッシングショー大阪!
  10. 本邦初公開!!! ヤマシタ・猛追太刀魚テンヤ船『鰯タイプ』vol.1 〜居るのに釣れないタチウオを釣るテンヤ!?〜
PAGE TOP
Translate »