すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

小さな個体をいかに掛けるか?TKB予選【2018テンヤタチウオin大阪湾】

毎年、9月、10月は釣りに行く回数が多く釣行費も去ることながら、ETCカードの支払いの凄さに驚く山口です(;´Д`)

さて、今年の大阪湾タチウオキングバトル2018予選会。昨年辺りから予選会のレベルが明らかにアップしていると本当に感じます。TKBの知名度も上がり、そして益々流行の兆しを見せるテンヤタチウオ。

最近思うのはどこの予選会に伺っても、必ずスゴ腕さんが居られます。お顔は存じ上げなくても釣りを見れば一目瞭然です。適当に釣りをして予選通過出来るほど簡単ではございません。それも、予選通過は一回につき1名。そうそうマグレは起こりません。そして実力だけでなく運も兼ね備えないと通過出来なくなっていると痛感します。

今回は泉南・岡田浦の湊丸さんへ伺いました。昨年も私はこちらの船宿さんで予選通過。私の定宿でもあり、私のラッキーspotです。

私は今年のTKB予選会は既に3回臨みましたが惨敗。今シーズンのタチウオ攻略は本当に難しく、パターンらしいパターンも見つける事も出来ないままに終わるという状態。そして、回を重ねる事にいわゆる「負け癖」のようなものが付くのが怖くなり、思い切って戦略を練る事も出来なくなり負の連鎖に陥る自分自身を感じていました。

そして今回が4度目の予選です。

でもこの予選会の良い所は何度でも予選にエントリー出来ます。約70回の予選が有りますので、私は通過するまで参加する!私のタチウオライフはこの大会と共にあると思っています。

ですから、今回は悩む事はせず「一から出直そう」と心に決めて予選に参加しました。

そうあれです!!

取りあえず、いつもの仲間は居ませんがバナ電 発動!!笑。この想いよ!タチウオ様に届け~~とばかりに。

しかし・・・・今回の13名の参加者を見ると・・・・・スゴ腕のファイナル常連さんや、ファイナルの表彰台経験者・・、そして色んな船宿さんの釣果情報でお見かけする上手な方も・・・・「アカン、メンツが結構キツイ・・・・」と溜息をつきましたが、運命の座席抽選。

最近はタチウオキングバトル予選会3回、そしてタチウオ甲子園1回の合計4回、すべてが胴のド真ん中を引き当てるという離れ業を披露してトラウマになりそうです。普段はクジは左手で必ず引きますが、今回は右手で!!!「頼む!!贅沢は言わないから、胴のド真ん中は勘弁して」と思い願いを込める・・・・。「神様、仏様、タチウオ様・・」とお願いしながら・・・

6なのか9なのか分かりません(◎_◎;)。6と9では天国と地獄。6は左舷トモ9は右舷胴です。船長に確認すると「6」との事です。

左舷トモの席GET!!とびっきりの良い席です。スーパーチャンスがやっと私にも巡ってきました。

今日!確実に決める!!と意気込んで乗船です。

乗船すると、釣り速のボランティアスタッフの方がタックルとクーラーボックスのチェックをして下さり、そして出船。

船はやる気マンマンの釣人や楽しみながら参加の釣人を乗せ「あーでもない、こーでもない」とポイントに着くまでワイワイ騒ぎながら洲本沖へ向かいます。

午前7時前に洲本沖、水深60m後半で釣り開始。

私は始まる数分前から「今日は必ず!」と自分を追い込みます。余りのわたすの今シーズンの釣果の悪さから釣り友や船長が気を遣って毎日のように連絡を戴き、叱咤激励も戴きご迷惑をお掛けしている状態。そして何より自分自身が例年のように上手くいかずに考え込んでばかりで本当にしんどかったのが本音です。「たかが釣りの大会やん!」と思う方も居られるかと思いますが、私はやるなら本気!だから面白い!と思っております。

そんな事を自分に問いかけながらの釣り開始でした。

ロッド:ダイワ 極鋭タチウオテンヤSP EX AGS178
リール:ダイワ シーボーグ200J

普段のメインロッドはコレですが↑

山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度ファイナリスト。

関連する記事