すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

キングバトル友の会 タチウオマニアの怪しい集まり(笑)【大阪湾 テンヤタチウオ 第39戦】

 

7:00 洲本沖 水深74m スタート

私はいつもの如く、上の棚探しの旅へ・・・なんとしても一尾を早く上げたいっ!! 60m付近からいつもの1.5mをワンピッチで誘い上げてステイ。反応もなくどんどん上の棚へ・・・30mまで探るもアタリなし。

今日は25中潮。潮的にはとても良い・・・ハズ。しかし、水面を見ると明らかな濁り・・・・。満ちの潮が走る中・・・早くこの濁りが取れてくれ!と願う。昨日の釣り友情報では、紀ノ川がコーヒー牛乳のように濁っていると・・・・。もちろん紀ノ川などが濁るという事はその濁りは当然の事ですが海へと向かう。一昨日は雨が雪が各地で降ったのでその影響か・・・・超不安。

そして、その不安は現実に・・・。アタリ全くなし。私の予想は、朝一からアタリが有ると思っていましたがそうは問屋が卸してくれないようです。

朝一は、ハヤブサのベーシックシングルをチョイス。一流し目 船中0・・・。まさかの激渋スタートです。

二流し目に、右舷のトモでター様が上がるも我々にはアタリナシ。しかしさすがは5代目キング・・・やっぱりこの男・・・釣るんです。

しかし、本日は異常な寒さです。手がかじかんで思ったように動かず、小さなアタリが分かりません。グリップを握る左手だけ薄い手袋に交換して小さなアタリを取る用意。

底から20m程で、ココココっと小さく当たるがフッキング出来ず。結構、難易度が高い日のようです。

ただ、誘いがハマれば最初のアタリも大きく出るのがこういう日の特徴なのです。手を変え、品を変えてもナカナカ良い反応が返ってきません。しかし前の5代目キングはコツコツ釣っている。

私もゆっくりとした誘いとロングステイ。最近のトレンドと言いますが・・・(^_^;)するとトーンと跳ね上げるアタリが出て、迷わずフッキングでget。しかし、その後も時折当たるのみでパターンらしいパターンも見つからず。

満ちの潮が転流を迎えようとしている時に、底から随分上で小さなアタリ。強風に船が押され、ラインからの魚信を捉えにくいが、ゆっくり追いがあるよう。ステイした後3秒ぐらいで軽く「コツン」と弱々しいアタリだがフッキングに乗りました。巻きだすと・・・意外と重い、まさかの?ドラゴンと思いましたが・・・尻尾も短く・・・。

でもメーター近い。それにしてもアタリが小さい。左横の実行委員長も結構苦戦しているようだがGETし出すと・・今度は連発。

「 誰 ???」笑笑。実行委員長ですよww。

そして、実行委員長の左横のこの人も・・・・。釣り具メーカー ヤマシタの敏腕営業マンです。

 

そして今日は、ブルーマックスさん大盤振る舞い。流しなおす時に早掛け賞をご用意して頂いており、私も戴きましたよーー。どうも有難う御座います~・

何よりアタリが本当に小さい・・・・。でも、私の右腕の極鋭ちゃんは今日も感度ビンビンですww。

今日は個体も小さく掛かりにくいので、絶えず電動微速巻きを入れ、そしていつもの誘いを掛ける。静と動のメリハリがつかないので初期あたりは減るが、当たる時は明確な当たりに。今日は夜光塗料ナシと有りのテンヤの差は、どうやらそんなに出てない様子。

潮も下げ潮へと変わり、潮も澄み出す。「これは間違いなくチャンス」とばかりに気合を入れるも変化なし。ほんまに難しいです。皆さん、相当苦労されているようです。

 

でも、そこはキングバトル参加者たちです。コツコツ釣っています。みんなと色々しゃべったり、情報交換もしたい所ですがついつい釣る事に夢中にな私自身も困ったものですww。まだまだ子供ですね。ミヨシのシマノのY氏だけが、探見丸の説明をして回ったり色んな人の要望に応えリールを見てあげたりと良い人オーラ満タンでした。

この方・・・相変わらず、製品アピール忘れません(笑)(笑)(笑)本人曰く、決して宣伝ではないらしい・・・・ww。

テンヤタチウオのサンマの餌を発売する練餌海道のお姉さまも参加されており、今日一番の大物の115センチをget。後で聞くと匹数も凄かったらしいですよっ。

s氏もコツコツ釣り上げておられた様子です。・・・

2代目キングもしっかりGET!!

初代キングも・・・・

2014準優勝のN氏も・・・・

滋賀から参加のy氏・・・確か船中ファーストHITだったと思います。

サゴシも上がり・・・みんなはタチウオより羨ましいと・・www。

今回、幹事お疲れ様です。4代目キングk氏

2017ダイワタチウオパーティ優勝~T氏も・・・

釣れないマッタリtimeも有りながらの~~

本日、24尾の竿がしら・・・彼はいつもの彼の指定席である【くじ運悪過ぎw】胴の間でトップ釣果でしたよーーーーwww。

 

メーカーの垣根を越え、キングバトル友の会が開催され真剣な中にも笑いも有り、楽しい時間が過ぎていきます。時間が経つに連れて、濁りは取れていくのにアタリは薄く昼前から強風が吹き荒れ出して納竿でした。結局 私は19尾。2尾がまともサイズで後は極小サイズ。

そうそう、この方は相変わらず・・あーだこーだと言いながら楽しんでいる様子ww↓↓。ハヤブサレディのやまぴーです。

写真的には・・・ハヤブサレディのやまぴーと愉快な仲間達と言った所でしょうか・・・ww。本当にやまぴーはいつも楽しそうです、羨ましい限り。

ちなみにやまぴーは正真正銘のキングバトル2016のファイナリストです↑。

もっと沢山の写真を頂きたかったのですが・・・なにぶん今回はメンバーがメンバーだけに、私もコケる訳にはいかないと自分に最低限のノルマを課していたので、色んな所に走り回る事が出来なかったのが残念でなりません。もし次回にこういう機会があるなら、釣果は気にせずにみんなで、技術論などを発表しながらの実釣形式でバカ騒ぎしたいと心から願っています。でも絶対このメンバーが集まったら無理でしょうね~ww。

今回のこのタチウオ友の会は、幹事の4代目キングを始め、ブルーマックスの社長、女将さん、船長、中乗りさん、そしてお手伝いして頂いたo氏のご厚意により楽しい会になりました。心から感謝するとともに、また近いうちにブルーマックスさんに寄せて頂こうと思います。また協賛品などを提供して頂いた練餌海道さん、有難う御座いました。

大阪湾タチウオキングバトル。年に一度のこの大会。ここで顔見知りになっただけなのに・・・・。連絡を取り合うようになり釣行を重ね、何度かお会いしている内に人となりも見えて信頼関係が出来上がって行きます。そして、船宿さんや船長にも協力して頂き楽しい時間を共有する・・。なんと素晴らしい大会なのでしょう!!

たかがキングバトル、されどキングバトルですねっ!!ちょっとした問題も抱える事も多いですが、今後もまた大阪湾テンヤタチウオ楽しみたいと心から願っています。

追伸、非常に残念な事が一つ・・・。私の隣の席の実行委員長。普段はつりそく紙面上で他の釣り師をネタに色々と評論??しているので、横で実釣を拝見して、下手だったら風評被害を流すつもりでしたがwwww

残念ながら・・・普通に上手かったです (;´∀`)ちょっとカワハギ釣りの方の釣り姿勢に似てましたが・・・・・。

 

 

山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度、2018年度ファイナリスト。2018タチウオ甲子園(数部門)準優勝

関連する記事