すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

タチウオ甲子園〈数部門〉決勝大会!!もうひとつの『大阪湾最強』初代チャンプの栄冠は!!?

昨日、今年6回目の開催を迎えた大阪湾タチウオキングバトルのセミファイナルを終え、息付く間もなく、今日は今年初開催『サンスポ杯タチウオ甲子園』の〈数部門〉決勝大会の日。

決勝大会を競うメンバーは23名(24名のうち1名欠席)。うち、昨日決定したキングバトルのファイナリストが6名、セミファイナリストが7名という、そうそうたる顔ぶれが加太に集結。まだ初回の開催とは言え、事実上まさに、もうひとつの『大阪湾最強』を競う大会となりました。

集合は11時でしたが10時過ぎに現地に到着すると、何人かのメンバーがすでに到着していました。

で、まず到着早々、心を奪われてしまったのが、これです。

凄くないですか??

まさに理想のマシーン。笑

50ccの原付にタックルボックス、クーラー、ロッドが…

シブい。シブすぎる。。

まさに夢のマシーン。

手作りで自作したというコイツに乗ってやってきたのは、タチウオ甲子園ファイナリストの1人、元吉氏!

思わずみんなで記念撮影してしまいました(笑)

 

そんなこんなで、11時20分より釣座抽選~乗船で12時に出船。

船は洲本沖の水深80mラインに到着し、開始の合図。

出だしは快調!

かと思いきや、ミヨシの何人かにはアタリが連発するも、全体的には予想外にスローなスタートでした。昨日のボコボコパターンとは打って変わって、少々難しいパターンの様子。アタリが来ても追わない、追ってきてもフッキングが難しい、というもどかしいパターンに翻弄される人がほとんど。

そんな中、まず抜きんでたのがこの方。みなさまおなじみの、きくりん氏。

そして、それを追うのが、右横の田中氏。

中間発表では、トップ20匹。この頃には、前半はかなり状況の悪かったトモ側の人たちもペースアップ。その中で抜きんでたのが、この人。

山口師匠。前半の不調を跳ね返してグイグイと追い上げる中、残り1時間ほどで時合突入。あちこちで竿が一気に曲がりだします。

時合に入ると上潮が猛烈にブッ飛びつつも、良型もバンバン上がりだし、船上は沸きに沸きました。

そんな劇的なまでのラスト1時間のラッシュを終え、船長から終了の合図。ほんとに、この瞬間の安堵感というか、脱力感というか…

当日のさらに詳しい釣りの内容は、山口名人のブログにお任せするとして、結果発表です!

3位入賞は…

福澤英樹さん! 釣果は37匹。

誰もが知る、怪物です。前半は不調だったのですが、後半活性がよくなると怒涛の追い上げであれよあれよとトップに迫り、いつの間にか。本当にこの人はすごいモンスターです…

 

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

フィッシングライター。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、2013年に大阪湾タチウオKINGバトルを発足。以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。タチウオマニア編集長。『釣場速報』元副編集長。朝日カルチャーセンター非常勤講師。月刊『つり人』、サンケイスポーツなどに執筆中。

関連する記事