すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

動揺の連続!!大阪湾タチウオキングバトル2018セミファイナル参戦記!!

何度やっても100点満点をつける事が出来ないハヤブサスタッフの菊池です。

テンヤタチウオは本当に奥が深く、難しい。

さて、一昨日は大阪湾タチウオキングバトルセミファイナルに挑んできました。参考までにそこで感じた事を今回のレポートにさせて頂きます。

受付を済ませ、予選を通過した順に釣座抽選。

私は青船の41番。前日練習した船、船長、釣座まで一緒やん(笑)。

前日の練習では朝一バクバクタイム。ひと流し目で26匹でしたので。

 

水深は80mラインですが、65mより上の棚で。

が、今日は出船が30分時間ずれたからなのか? しかも、今日は昨日と違い潮の流れがきつい。おまけに活性も全然違う。。。

困った困ったで動揺の連続。狙い棚を絞り過ぎていて、うまくいかなく焦りました。

 

セミファイナルを終えてみて、整理した感想ですが…

①一日を通してボトム中心に狙われた方が優勢だったような気もします。

※浮いたレンジではアタリがあるが掛ける事が出来ないアタリが非常に多かったです。私の力不足もありますが。ただ、50mラインで活性の良いタイミングもありました。

②前日に比べれば活性が低い時間帯が多く、タングステンテンヤを投入し、誘いもやや緩めにしてからは、私自身リズムが掴めました。

※この日は一日通してイワシエサを使用しました。最強アミノリキッド漬けこみ作戦にて!

 

菊池雄一

菊池雄一 投稿者の記事一覧

関西~中国エリアの船釣りに精通する、ハヤブサ船釣り仕かけ開発担当&熱血アングラー。ハヤブサのタチウオテンヤ開発も手掛け、大阪湾タチウオKINGバトル2014、2015、2016ファイナリスト、2016年度準優勝。特技はご存知「どや顔」&「ヒザ」

関連する記事