すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

『微速巻き』と『リアクション(反射)』~2018テンヤタチウオ in 大阪湾 第3戦~

私は最初は微速巻きをメインに・・・そして、一度「コツン」と来た後にリアクションと、食性の『強』のスイッチを入れる作戦に・・・。しかし、やはり思い通りの結果も出ません。

実はこういうタチウオのようなフィッシュイーターと言う魚は、餌となる小魚が平常心でゆうゆう泳いでいる時に突然襲うような事よりも、小魚が急に方向転換した際や危険を感じて逃げようとした際に、飛び掛かる(逃がさない!と言う意識が働くのでは?)事が多いのです。

また、他のタチウオが餌を捕食しだすと、それに連られて突然スイッチが入ったりします。俗に言う「時合い」というものです。ですので、釣り人側と言うのは、この魚の反射食いを狙って誘いを掛けると大きなアタリが出たりします。でも本当に渋い時、もしくは魚が少ない時はじっくり餌を見せ、ゆっくり追わせて狙う事も選択肢の一つです。

2尾目は、微速巻き中に小さく「フニャー―」と言う感じで重みが乗る。その後、小さく「コツ」と。しかし、食い込みは全くなし。そして私は聞き合わせるように、ロッドをゆっくり上に上げると若干の重み・・・そしてフッキングするも失敗。一呼吸おいて、もう一度誘うと、「コツッ」と再度来たので、テンヤの重みを魚に乗せる感じでラインを弛ませると、またノーテンション。そしてフッキング成功!!小さいながらも2尾目。

しかし、一尾釣れてもアタリは連発する事もなく、厄介です。

そして、微速巻きを続けていると、不意の大きなアタリが来るも、なんと口がフックに付いたまま、口が取れ魚はサヨオナラ(;^ω^)。時間を追うごとにアタリも薄くなって行きます。

裏側に座るN氏がHIT!時折ポツポツと釣れる程度・・・・。分かってはいましたが、非常に厳しいです

こちらのN氏、実は昨年の大阪湾タチウオキングバトル決勝戦では、私の隣の席で・・・大変ご迷惑をお掛けしました。私は調子に乗って着ぐるみではしゃいでみたり・・・、その節は一緒になってノリを合わせて頂き、また大変お世話になり有難うございましたww。

そして、私にも久々のアタリ・・・やはり微速巻き中です。そして今回は少し良いサイズ・・・・

中乗りのK氏はタチウオマニアに投稿用の写真をいろんな場面で気を遣って撮影していただきました・・・。そしてこの後、そのタチウオ様をバラシタのは内緒にしておきます(◎_◎;)。極鋭EXの曲り・・・相当良い感じです。バットパワーも申し分なし!

10時を回ると当たりは皆無に・・・。そして、上潮がドンドン速くなり・・・ラインがビュー――と流れていきます。こうなると当たっても掛ける事は厳しく・・・アタリすら分からなくなります。

結局、12時の納竿まで、潮の走りは収まらず帰路につきました。

夏雲も現れ、灼熱地獄のような蒸し暑さ・・・。釣果も厳しかったですが、でもこのテンヤタチウオは本当に最高です。シーズン初期→ハイシーズン→シーズン後期→シーズン終盤とアタリの出方も変化をしていきます。その変化を感じながら、手を変え、品を変えて対応していく過程が面白い。色々考えて、自分のパターンにハマった時の爽快感。そんな事を考え、空を見上げながら帰港しました。

帰る頃には夏の午後特有の南風も吹き出し・・・。先日はこの南風に泣かされた事を思い出しました(;´Д`)

帰りに9/16【日】に行われるタチウオパーティの話に・・・今日ご一緒した仲間の中橋氏や、今日お会いしたN氏も参加されるとの事・・・。今年は色々なメーカー様がいろんな形式の大会を催すようで、本当にこのテンヤタチウオ釣りの広がりが実感できますね。アングラーとしては選択肢が増え、本当に良い事だと思います。

ダイワ タチウオパーティはまだまだ参加者募集中のようです。

是非、皆様もお時間を作って参加してみてはいかがでしょうか?詳しくはこちらで要綱を熟読して頂き、釣り具量販店に持参するか、ダイワ大阪営業所へ直接FAXにより申し込みが完了するようです。

帰宅後、本日釣れたター様2尾を久々に炙りの刺身で戴きました。

私は数あるタチウオ料理の中でも、この炙りの刺身が大好きです。口に入れた途端、香ばしい匂いが広がる。また、タチウオの皮独特の硬さは消え大変上品な味わいです。ぜひ、皆様もお試し下さいませ。ポン酢で食べると更に芳醇な匂いが口いっぱいに広がります。

 

山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度、2018年度ファイナリスト。2018タチウオ甲子園(数部門)準優勝

関連する記事