すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

【タチウオテンヤ】大きな潮、強風、高波時の釣り〈第26戦in神戸沖〉

私的には、このような当たりは経験上、潮の大きな日の潮の速い時によく有ります。これについては、恐らく水中では釣り人はステイさせてるつもりでも、仕掛け(ラインとテンヤ)が潮の影響を受け、止まり切らないのでタチウオ様も捕食するタイミングが作れず、いろんなタイミングで当たって来るのが原因ではないか?と考えています。

特にこういうアタリはフッキングが出来なかったり、甘かったりしてバラシ連発!するのも特徴です。今日も例外なくバラシ連発でした。

また朝方は水面を見る限りでは、濁りも有りますが・・でもアタリは底付近でも有ります。少しずつ潮は遅くなって行きます。

本日は上の2個をメインに使用しました。私的に少し思う所が有り実験中です。激しく動かして、ピタッとステイ。夜光塗料ナシのテンヤ(オールケイムラ)でどういう反応が出るか??などなど・・・。

しかしやはり、潮の影響かアタリ後のフッキンングが掛かりにくいので、こういう時は私は迷わず電動リールの自動微速巻きを入れながらの、ワンピッチジャークをします。こういう時は、ラインテンションをキツメに保たないと、知らない内に餌が無くなっていたり、また当たったと思うと既にリーダーが切られたりと言うトラブㇽが起こったりする事も多いです。

底から丁寧に、シーボーグ200jでの自動巻き4or5ぐらいを使用しながらいつものワンピッチで誘うと・・・プンっと竿先が上がってフッキング。

niceサイズです。しかし今日は、一尾釣れても時合いらしい時合いは訪れず、一尾一尾に大切にアプローチを掛けないとなかなか釣れません。強風も吹き出し、波も高くなり出し更に苦戦を強いられます。

 

しかし、今日は間違いなくテクニカルで面白い。一度当たっても後の処理を間違えると、タチウオ様にスルーされますので私も必死です。

山口 武久

山口 武久 投稿者の記事一覧

大阪湾のテンヤタチウオをこよなく愛し、即掛けスタイルを得意とする超マニアックタチウオハンター。大阪湾タチウオKINGバトル2014決勝大会3位入賞、2013年度、2015年度、2017年度、2018年度ファイナリスト。2018タチウオ甲子園(数部門)準優勝

関連する記事