すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

タチウオの型は選別できるのか?挑戦だっ!!の巻

どうも。どうも。初めまして!釣りしか頭にない釣 康雄、もとい辻 康雄と申します。(笑)

本当、釣りがちっちゃな頃から大好きで、思い出は海と釣りしかない根っからの
釣り吉です。さらりと自己紹介をさせてもらいます。

育ちは大阪なのですが、お爺さんが、若狭で漁師と民宿を営んでいまして、幼少の頃から小船で刺し網や一本釣りに行ってたんです。アジの活餌でアコウを釣ったり、夜な夜な月明かりを頼りにアオリイカを小船で木製エギを引っ張って釣るんですよ。

夕暮れ時は、アオリイカの活性がもの凄く高くなるんですよね。海面にエギを落としたとたん抱きつく!もう入れ乗りですね。

まっ黒に墨だらけになりながら、たくさんのアオリイカを釣った記憶が、今も脳裏に浮かびます。

そんな訳で3月~10月までは若狭をメインに船釣りを、11月に入ると日本海は荒れて出船出来る日が少なくなるので、大阪湾、鳴門、加太でビニールマダイ、タチウオテンヤ釣りに毎週末、海に浮かんでいます。と、自己紹介はこの辺で。

今回は、タチウオテンヤをしていて「型を選別できるのか?」と疑問に思い、挑戦しましたヨッ。

10月20日(土)、お世話になった船宿さんは、泉佐野の海新丸さん。

ご一緒させていただいたイカ・タチウオ釣り名人のT氏、某SメーカーのY氏と並んでの釣行です。(イカ名人からマイカのお土産を頂きました!最高ッ by嫁)

前日まで洲本沖に今季最高の良型の群れが入り、クーラー満タンで入り切れませ~ん。と悲鳴の上がる釣果が連日続いています。

胸を膨らませ出船!!Let’s らgo!!

港を出た瞬間、まっ黒な雲がニョキニョキ~。一瞬にして大粒の雨が~。朝から雨とは、何やら嫌な予感。

船は北西に向けて進んでいる?

もしや

そうそのもしや

洲本じゃなくて神戸沖!

辻康雄

辻康雄 投稿者の記事一覧

幼少期からの長い釣り経験からオールラウンドな釣りを展開する超実力派マルチアングラー。第1回の大阪湾タチウオキングバトル準優勝以来、ただ1人、5年連続ファイナル出場を果たし、2017年度ファイナルにて悲願の優勝を果たした5代目タチウオキング。シマノフィールドテスター

関連する記事