すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

【大阪湾タチウオキングバトル2018ファイナル】6代目タチウオキングが誕生!!

2018年12月16日。46歳の誕生日を迎えたその日、2013年に始めた大阪湾タチウオキングバトルの、6回目のファイナル。

今年は本当に変な年で、7~9月という、通常なら本番というべきシーズンは全然ダメで、大阪湾からタチウオ、消えてしまったんじゃなかろか…などと言っていたのがウソのような、10月後半以降のとんでもない爆釣モード。

というわけで、ファイナルも恐らくとんでもなく爆釣が予想されるわけで…例年に増しての熾烈な闘いが予想されるわけでして…

胸騒ぎを覚えながらの朝。

毎年、この朝を迎えるのが好きです。

大阪・泉佐野に集まった、実に888名の予選参加の中から激戦を勝ち上がった23名(1名辞退)と、昨年度のキング辻康雄氏を合わせた、24名の精鋭たち。全く頭が下がります。。

開会式を終える頃、三邦丸ヴェルデが泉佐野の乗船場に到着し、8時の出船。

洲本沖の100m前後で開始の合図。

この日は1日底主体の濃い~反応。朝から試合終了の14時までアタリはずっと続く…。その中でいかにミスなく、素早く確実に1匹1匹を獲っていくか?

例年のこの時期なら、冬場の低活性なタチウオにいかに口を使わすか?が大きなテーマとなるが、今年のファイナルはちょっと違う。

ピリピリしているわけではなく、みんな和気藹々なのですが、なんせアタリが多いもんだから息を抜く暇がない。したがって今までの決勝の中で一番静かな決勝戦でした(笑)

というわけで、詳しい釣りの内容は山口さんのブログにてどうぞ。

→ 山口的・・・2018大阪湾タチウオキングバトル決勝【待ちに待ったXデー】

こんな珍客も出ました!

トラフグ2.7㎏!!!!

持ってるのは当日スタッフをしてくれたヤマリアのサクちゃんこと櫻井君ですが、釣られたのは植原さんです。ちなみに。

後半、怒涛の勢いで追い上げていた隼華の鈴木あかねさん。

エサがコレ。

サンマを、サンマの肝に漬けてはる…。効きそうですね。

ちなみにテンヤはハヤブサのタングステン。

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

フィッシングライター。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、2013年に大阪湾タチウオKINGバトルを発足。以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。タチウオマニア編集長。『釣場速報』元副編集長。朝日カルチャーセンター非常勤講師。月刊『つり人』、サンケイスポーツなどに執筆中。

関連する記事