すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

狙うは2m級巨大タチウオ!? 夢のメガタチinオキナワ

「メガタチ」とは?

和名「オキナワオオタチ」は、屋久島から琉球列島の、主に200㍍前後の深海に生息するとされるタチウオで、大きい個体では2㍍級まで成長。「メガタチ」とは、この巨大タチウオのことを指す、釣り人の間での憧れの呼び名。本部町・浜崎漁港のキャプテンズオキナワの仲村船長に聞くところでは、このメガタチ、「夏場などは水深300~400㍍の深海で地元の漁師が獲っている」とのことだが、名護湾での遊漁船で狙う釣期は例年10月から2月いっぱいで、狙う水深は100~260㍍。見た目は関西近海のタチウオと大きくはかわらないが、体の大きさの割に顔は少しスリムで目が大きく、なかなかの沖縄顔(!?)。味は、時期等にもよるが、一般的なタチウオに比べて大味で脂が少ないと言う感想が多い。


最近どういうワケか、自分の周りでやたらと盛り上がっているタチウオの話題が、沖縄の『メガタチ』。この『メガタチ』、狙いは150㌢オーバーのモンスター級で、大きい物では2㍍級も出ると…。しかも、釣り方は驚くことなかれ、大阪湾と同じ「テンヤ」の釣り。タチウオフリークに取ってみれば、一度は上げたい最上級の「夢のターゲット」…なんて思い始めたら、いてもたってもいられないワケで…年明け早々の1月8日、本紙連載中の下ネタ釣り未熟女(?)トモチン、「どや顔」タチウオハンター・きくりんら5人とともに1泊2日、怒涛の弾丸釣行取材へ出かけました。

~今回のスケジュール~

1月8日(金)
関西空港10:50発~那覇空港13:10着
浜崎漁港17:00着

17:30出船~23:00帰港
1月9日(土)
那覇空港19:35発~関西空港21:30着

沖縄渡航&釣行費用は意外と安い!!?

大阪から那覇への渡航費用は、日程、予約する時間帯により変動するけれど、ピーチやジェットスターなど格安航空便なら、冬場は特に、意外なほど安価なのには驚きました。今回はピーチの往復便に預け手荷物1個無料+フライト変更無料のオプション付きでなんと約2万円!! 乗船料は1人1万円で、現地にはとても安価な宿もあるから、「沖縄釣行」って意外と身近に行けてしまうのです。

いざ沖縄へ!!

8日の朝は、関西空港10:50発のフライト。空港第2ターミナルに、早めの9時に集合したメンバー、ロッドは1つのケースにまとめ、各自手荷物に入りきらない物や重い物を分担し合ったりして、フライト前の荷物整理。準備が終われば、預け荷物を預け→搭乗手続き→手荷物検査で、いよいよ、いざ、OKINAWA!!


リチウムイオンバッテリーは、国土交通省の基準では160Wh以下を2個まで持ち込み可能ですが、ライターと同様、「預け手荷物」にはできず、「機内持ち込み」限定。さらに航空会社により規制が違うから、事前に調べておくほうが無難。ちなみに、電動リール用バッテリーだけでなく、カメラのバッテリーも同様の扱い。なお、今回は電動リール用1個、カメラ用1個を機内持ち込みに。

 

レンタカーで本部(もとぶ)・浜崎漁港へ

関空から那覇までは約2時間のフライトで、13時過ぎに那覇空港に到着。一同、空港から出ているレンタカー会社のバスで営業所へと向かい、事前予約しておいたレンタカーに乗り込む。道中で昼食を済ませつつ、出船地の本部・浜崎漁港へ! ちなみに那覇から浜崎漁港までは、90㌔弱、車で1時間半といったところ。



いよいよ出船!! タックル&エサの準備

本部・浜崎漁港に17時に到着、17時半の出船。ポイントまでは、ほんの20分ほどと近い。テンヤ80号、道糸は今回、PE2号に統一。クロシビカマスなどの回遊で高切れも多いから、道糸は最低でも500㍍は欲しい。なのでリールもそのサイズ(→)。ロッドはタチウオロッドで十分いけるが、テンヤの負荷、魚のサイズを考慮すると、それより少し硬めの中深海用、ヤリイカ用などがベスト。

★トモチン’sタックル★
(メイン/写真中央)
ロッド:AブリッツネライH180
リール:レオブリッツ300J
(サブ/写真左)※PE2号600㍍
ロッド:AブリッツタチウオMH230
リール:シーボーグ300J-L
(※全てダイワ)

★きくりん’sタックル★
(写真右)
ロッド:バイオインパクトXタチウオ82-190
リール:フォースマスター800
※PE2号500㍍(※ともにシマノ)

 

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

釣りライター。釣り専門誌『週刊釣場速報』副編集長兼大阪湾、瀬戸内、和歌山、鳥取、九州担当記者。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長

関連する記事