すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

【タチウオ甲子園予選リポート】タチウオに歯型⁉︎ テンヤにダブルヒット⁉︎ サンマエサの巻き方考察etc… 

結果は…

【タチウオ甲子園予選】

〈数部門〉

1位 中嶋康之

2位 山北佳央

3位 東下栄一

4位 武山静夫


〈幅部門〉

1位 田中浩太

2位 関谷裕

3位 東下栄一

※敬称略

【タチウオキングバトル予選】

予選通過 中嶋康之

※敬称略

という結果になりました!

舳先で終始コンスタントに釣果を伸ばした中嶋さんは、キングバトルのファイナル常連でもあります。

タックルがこちら。

メインタックルは、メタリアタチウオテンヤSP 190(ダイワ)にフォースマスター400(シマノ)。サブタックルが、リーディング82MH-160MT(ダイワ)にシーボーグ200J-DH-L(ダイワ)

テンヤは極テンヤ(魚矢×ハヤブサ)をメインに使用。エサはサンマメイン。

誘いは、手巻きのオーソドックスなストップ&ゴー。巻きピッチは2回転で、活性が悪いので、止めの間をかなり長めにとっているようでした。

タナは事前情報から底周辺狙いのつもりで始めたものの、底から10~20mあたりでアタリが多く、底から20mまでを丁寧に探ってその時その時のタナを的確に見極めたのが釣果の決め手となったようでした。

 

さて、このタチウオ甲子園、波止部門も間もなく始まりますが、船部門の予選は9月25日(火)、10月2日(火)、10月13日(土)の残り3日間。

勝負とは言っても、タチウオ釣りをより楽しむために企画されたイベントです。まだの人は一度参加してみてはいかがでしょうか?

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

フィッシングライター。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、2013年に大阪湾タチウオKINGバトルを発足。以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。タチウオマニア編集長。『釣場速報』元副編集長。朝日カルチャーセンター非常勤講師。月刊『つり人』、サンケイスポーツなどに執筆中。

関連する記事