すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

【タチウオ甲子園予選リポート】タチウオに歯型⁉︎ テンヤにダブルヒット⁉︎ サンマエサの巻き方考察etc… 

今年初開催の『サンスポ杯タチウオ甲子園』

この大会、船部門と波止部門に分かれていますが、船部門では「数部門」と「幅部門」に分かれていて、好きなほうにエントリーできます。

ちなみに両方エントリーもOKで、各予選の「数部門」4位まで(上位4名×予選6回=24名)、「幅部門」3位まで(上位3名×予選6回=18名)が決勝に進めます。

決勝は「数部門」は11月18日(日)、「幅部門」は11月11日(日)に開催。

「数部門」は個人戦でテンヤタチウオNo.1を目指して腕を競いますが、「幅部門」はもう少しお祭り要素が強く、ダイワチーム(キャプテン:西村豪太)、ハヤブサチーム(キャプテン:菊池雄一)、ヤマリアチーム(キャプテン:櫻井亮太)に分かれてのチーム戦での戦いとなります。

※ルール、申し込み方法等、詳しくはこちら

※大会の趣旨等についてはこちら

さて、昨日9月18日は、そんなタチウオ甲子園の予選会を取材に伺いました。しかし午後便は楽ですね~。神戸からでも、朝ゆっくり支度して出て十分なので体がほんとに楽。何年この仕事しても朝はほんとに苦手なもんで、、イベントも取材も、全部午後便にしてほしいくらいです(汗)

連休明け、平日の午後便なのに、会場となる加太・三邦丸の受付にはこんなにも人が。

ちなみにこの日の三邦丸のタチウオ午後便は2隻体制で、エントリー者以外の方は別船に乗船。

それと、この日はタチウオキングバトルの予選も兼ねた、なんとダブルの予選会! つまり、甲子園とキングバトルの同時エントリーが可能となっております。各部門のエントリー料500円を払えば、キングバトル、甲子園の「数部門」、「幅部門」とトリプルのエントリーも可能なのであります!

1回の予選で決勝進出のカードが増えるので、楽しみも倍増、いや3倍増!?

というわけで、エントリー者は釣座抽選をして、あかさんぽうに乗船します。

エントリー船のあかさんぽうには15名。「数部門」にエントリー12名、「幅部門」にエントリー10名、キングバトルにエントリー7名。いよいよ出船です!

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

釣りライター。釣り専門誌『週刊釣場速報』副編集長兼大阪湾、瀬戸内、和歌山、鳥取、九州担当記者。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。大阪湾タチウオKINGバトル実行委員長

関連する記事