すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

タチウオテンヤと針のサイズ~快適船タチウオテンヤSS TG~

大阪湾のタチウオシーズンも開幕したということで、今年の新しい本命テンヤのひとつをご紹介させてください。ダイワのタングステンテンヤ=『快適船タチウオテンヤSS TG』のNEWバージョン。

タングステンのテンヤと言えば、ヘッドのシルエットが従来の鉛製に比べて圧倒的に小さいことで、テンヤが潮の抵抗を受けにくく、落下速度が速い、なおかつ2枚潮にも非常に強い。

ヘッドの抵抗が少ない分、魚のアタリもよりダイレクトに伝わる気がします。

そしてシルエットが小さい分、魚への警戒心も与えにくい。いいこと尽くめで、実際にタチウオの食いが渋い状況の時などにはびっくりするぐらいにテキメンに釣果に差が付くテンヤ。それがタングステンテンヤです。ただし値段はそれ相応ですが。

さて、上が昨年バカ売れしたタングステンテンヤ。下が今年のNEWタングステン。何が違うか分かりますか?

普段テンヤに触れている方なら一目瞭然だとは思いますが、そう、針が違うんですよね。

上は快適~シリーズの中では『ミドルフック』というネーミングで位置付けられた、一般的なサイズの針に比べて軸の短いタイプ。これが昨年発売されたTGでした。

で、下は昔から一般的な『ノーマルフック』。こちらが今回TGで新登場したテンヤ。

可児 宗元

可児 宗元 投稿者の記事一覧

フィッシングライター。数年前に大阪湾のテンヤタチウオの魅力にハマり、2013年に大阪湾タチウオKINGバトルを発足。以来テンヤタチウオ関連の執筆、普及に勤しむ。タチウオマニア編集長。『釣場速報』元副編集長。朝日カルチャーセンター非常勤講師。月刊『つり人』、サンケイスポーツなどに執筆中。

関連する記事