すべての太刀魚ファンに捧ぐタチウオ専門WEBマガジン

  • follow me

東京湾テンヤタチウオ入門【釣り方/取り込み編】

取り込みについて

テンヤ釣りでは取り込みの際に魚がバレることがあります。水面に魚が浮いてから竿を置いてしまうと、糸のテンションが抜けて、テンヤの姿勢が水平、つまり針先が上向きから横向きの外れやすい方向に戻ってしまうためです。

こうならないように、水面より2〜3m下あたりで魚の姿がうっすら見えたら竿を置きつつ手を糸に持ち替えテンションを保ったまま一気に魚を抜き上げましょう。

▲竿は風上に置いて魚は風下側から両手で抜き上げる

もう一つ注意なのが竿で魚を抜き上げないこと。空中や水面で魚がバレた場合、竿のしなりで外れたテンヤが飛んできて非常に危険です!

絶対に取り込みは手でラインを持って抜き上げましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか、東京湾のテンヤタチウオ入門。わかりにくい所もあるかもしれませんが乱筆乱文お許しください。

一度挑戦すると病みつきになる、テンヤ特有の食い上げのアタリやフッキング時の根掛かりのような引き込み!ぜひ挑戦の助けになればと思います。

櫻井 亮太

櫻井 亮太 投稿者の記事一覧

YAMASHITA&Maria スタッフ。関西及び関東の船釣り、ショア青物などの釣りに精通。タチウオテンヤの釣りに魅せられ、猛追太刀魚テンヤの開発にも携わる、マルチアングラ―。大阪湾タチウオKINGバトル2016、2017、2019ファイナリスト

関連する記事